世界初の快挙!東大が「割れてもすぐ元に戻るガラス」を開発

投稿日:

by yumi

AppleCare+に加入していない場合、iPhone Xのディスプレイ修理費用は31,800円、背面ガラスの修理費用は60,800円と率直に言ってめちゃくちゃ高いですが、近い将来、ディスプレイが割れても修理しなくて良くなるかもしれません。

世界で初めて、東京大学の研究グループが「割れてもすぐ元に戻るガラス」の開発に成功しました!

実用化に期待が集まるガラス

東京大学の相田卓三教授と、博士課程の大学院生・柳沢佑さんらの研究グループが世界で初めて開発に成功したのは「割れても、断面を押し付けるだけで元通り修復できるガラス材料」

元々は新たな接着剤の開発を進めていたそうですが、その過程で偶然「固くサラサラした手触りの物質に、自己修復機能がある」ということを発見したのだとか!

この物質を材料に使ったガラスは、もし割れたとしても、割れた断面をグッと数十秒押し付ければ元通りになるそうですよ。さらに数時間置いておけば、強度も元に戻るということで…まさに夢のような物質ですね!

ちなみに…今年4月、カリフォルニア大学の化学者が自己修復する「非常に硬いゴムのような素材」を発明しましたが、ガラスのような固い材料での開発は初めてとのこと。

割れても勝手に戻ってくれるスマホの開発、夢物語ではなさそうですね…!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:NHK News Web

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事