2018年のiPhoneは爆速通信に対応!?iPhone 8の2倍の通信速度になるかもとの噂

投稿日:

by kimi

iPhoneの速度といえばCPUやGPUのチップの速度以外にも、通信速度が気になりますよね。どうやら2018年に発売されるiPhoneでは、iPhone 8の倍の通信速度に対応するかもしれないという噂が登場しましたよ!

なんでも、2018年に発表されるiPhoneのすべてのモデルでより高速なアンテナモジュールを採用するそうな。早速詳しく紹介しますね。

新しいアンテナと4×4 MIMO対応で爆速に

噂の出所は、もはやおなじみなKGI証券のMing-Chi Kuo氏。カミアプでもかつて同氏の様々な噂を取り上げてきましたが、それなりに当たっているものが多いという印象です。

同氏によると、2018年に発表されるiPhoneはすべてのモデルでより速いアンテナモジュールが採用されることでLTEの通信速度が向上されるとのこと。また、「4×4 MIMO」に対応するらしいということもあわせると、iPhone 8やXより一段と速くなりそうです。

「4×4 MIMO」とは、データの送受信時に4本のアンテナを使うことで通信の高速化を図る技術。iPhone 6s以降アンテナ2本ずつで通信する「2×2 MIMO」が搭載されていますが、理論上はこの倍のスピードで通信できるということになります。

ちなみに、幾つかのAndroidスマホではすでに「4×4 MIMO」に対応しており、iPhone 8とXがまだ「2×2 MIMO」なのは少々遅れているとのこと。まあAppleは最新技術にすぐには飛びつかない傾向がありますしね…。

Photo on Foter.com

Appleをはじめとしたメーカー各社は将来的には「5G」の携帯電話の開発を進めていますが、5Gの通信エリアが普及するまでの間、この「4×4 MIMO」でより速度を出させるのはアドバンテージとなるだろうと9to5macは述べています。

まあ、あくまで噂であり、またLTEモジュールの刷新でどの程度実際に高速になるのかはまだはっきりとはまだわかりませんが、少しでもiPhoneの通信が速くなれば嬉しい限りですね。

参考:9to5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事