参考になるネタばかり!警視庁警備部災害対策課のTwitterが話題に

投稿日:

by kimi

Photo credit: Foter.com

「警視庁警備部災害対策課」と聞くと、非常にお堅いイメージがありますよね。なんせ警視庁です。東京都を管轄する警察組織ですよ。

ただ、そんなお堅いイメージを持ってしまうこの組織のTwitterアカウントが、予想に反して日常生活でも参考になるネタばかりをツイートしていると話題になっています。

魚釣りの場で使えるiPhoneに関する情報や、お菓子の袋をアレを使って簡単に開ける方法などおおよそ災害対策課とは関係なさそうなことまで書かれていて一見の価値はありますよ!

唐揚げの味付けを忘れるお茶目な面も

警視庁警備部災害対策課のTwitterアカウントは、@MPD_bousai。きちんと認証マークが付いているので公式アカウントのようですね。

まずiPhone関係のネタを一つ紹介すると、魚釣りなどの場面で使えるこちらのワザ。

iPhone 7以降では耐水性能があるので、水に関しては多少気にすることなく使えますが、海水からは別の仕組みで守っておきたいもの。

また、防水ケースは世に出回っていますが、餌や魚で汚れてしまってもラップを使うことで魚釣りを終えた後に外してすぐ捨てられるというメリットがありますね。

Photo credit: Foter.com

それから、災害時の必需品である毛布を一瞬で4つ折りにするというワザ。もちろん毛布は日常でも使いますから普段からも使えるワザですね。

そして、お菓子などの袋を10円玉2枚で簡単に開けられるようにすると言うワザ。

消費期限が迫ったクラッカーを活用してサクサク食感の唐揚げを作るワザも紹介。鶏肉に味をつけ忘れるというお茶目な面も。

缶切りがない時にスプーンで缶詰を開けるワザも便利かもしれません。

と、いう感じで、かつてあったテレビ番組の「伊藤家の食卓」を思い起こさせるような便利なワザが写真付きで紹介されています。今回紹介したのはほんの一部で、災害発生時に使えるワザもまだまだたくさんありますよ。

これらのワザを普段から知っておき活用しておくと、万が一災害が発生した時にもすぐに使えて安心ですね。@MPD_bousaiのフォローをおすすめします!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Twitter
kimi
Photo credit: Foter.com

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事