Apple製ARグラスは2020年発売?iPhone Xの一部機能が使われる可能性も

投稿日:

by HikaruSano

以前から噂に上がる「Apple製ARグラス」、関連特許の取得や関係筋からの噂は上がってくるものの、いわゆるリーク情報は一切上がってきていません。

それらの情報は結局ファンによる希望や憶測なのではないかと思われていたのですが、2020年発売を目標に開発が進められているのは確かなようです。

ARグラスを動かす「rOS」

Appleが開発を進めていると噂され世界中の企業が取り組んでいる「ARグラス(ゴーグル)」の開発、残念ながらまだ一般家庭向けのフラグシップモデルは登場していません。

一部アナリストや専門家によれば「スマホの次に来るデバイス」と言われており、多くの企業が「ARグラス界のiPhone」を作ろうと奮闘しています

もちろんAppleもARグラスの開発には力を入れているようで、Bloombergによると、Appleは2019年までにARグラスに関する技術の開発を完了させ、2020年発売を目標に開発を進めているとの事。

デバイスの外観や構造などは後回しにし、先に関連技術(ディスプレイ表示や操作方法など)の開発に力を入れており、現在はHTCのVRゴーグル「Vive」や、スマホをヘッドディスプレイ化するOculusの「Gear VR」に似た装置を開発者たちが利用しているそうです。

ARグラスを実用化する上で重要なのが、「表示の視認性」「操作方法」「重量(サイズ感含む)」の3つで、性能的にどれだけ優れたARゴーグルを作れたとしても、この3点のいずれかに問題があるだけでARグラスのフラグシップモデルになる事ができなくなってしまいます。

特に「操作方法」は各社かなり苦戦しており、主流は別のコントローラーを用意するパターン、他にARグラスの前でジェスチャーを行うパターンがあるのですが、このジェスチャーに関してAppleは各社を一歩リードできているんです

その技術とはiPhone Xに搭載された「TrueDepthカメラシステム」、ユーザの表情をリアルタイムで読み取りAnimojiに反映するその処理は、ジェスチャーを認識しARグラスが各種動作を行うプロセスとほぼ同じですね。

搭載されるOSの名前は「rOS」と呼ばれてるようで、ベースはiPhoneに搭載されているiOSであり、Apple Watchとは異なりiPhoneのように単独で動作するデバイスである可能性が非常に高いとされています。

まとめ

情報が正しければ発売までまだまだかかるようですが、もしAppleらしいハードウェアとOSが統合されたARグラスがリリースされれば、iPhone Xの時のように世界中で話題になる可能性が非常に高いですね。

単体で機能するデバイスとの事でiPhoneにとって替わる位置付けでのリリースかと思いますが、皆さんはApple製のARグラスがリリースされたら使ってみたいと思いますか?

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事