iOS 11.1が正式リリース!新絵文字、3D Touchのアプリ切り替えに加え、Wi-Fi脆弱性対策も

投稿日:

by ともぞう

新絵文字3D Touchでのアプリ切り替えに加え、Wi-Fiの脆弱性対策を含む、iOS 11.1が正式リリースされました!

新絵文字3D Touchでのアプリ切り替えの他、多数の不具合を修正

iOS 11.1では70以上の新しい絵文字の追加に加え、

復活を望んでいた人も多かった、画面端を3D Touchしてアプリの切り替えが復活。

Photo by YouTube

そして世界中が騒ぎになったWi-Fiの「WPA2」に関わる脆弱性対策についても、Appleのセキュリティコンテンツの解説ページ(英語)を見る限り、含まれているようです。

ただし以下が該当の説明で、対象はiPhone 7以降とiPad Pro 9.7インチモデル(2016年モデル以降)と表記。

Wi-Fi

Available for: iPhone 7 and later, and iPad Pro 9.7-inch (early 2016) and later

Impact: An attacker in Wi-Fi range may force nonce reuse in WPA clients (Key Reinstallation Attacks – KRACK)

Description: A logic issue existed in the handling of state transitions. This was addressed with improved state management.

CVE-2017-13080: Mathy Vanhoef of the imec-DistriNet group at KU Leuven

引用元:Apple Support

全ての端末に対応が必要と思っていたのですが、iPhoneの場合は7以降のみに対策が必要だったのか、それ以前の端末に関してはどうなるのかは現時点では分かりませんでした。

こちらに関しては追加情報が分かり次第、改めてお伝えしたいと思います。

iOS 11.1へのアップデートはiPhone単体及びiTunesから可能ですが、単体でのアップデートは不具合が聞かれることも多いので、できればiTunesにつないでのアップデートをおすすめいたします。

なお、iOS 11.1へのアップデートによる不具合ですが、Twitterを見る限りは記事執筆時点(2017.11.1 AM7:20)では特に目立ったものは見つかっていません。


昨日、iOS 11.2 betaで修正されてると言われていた『計算機アプリ』の不具合は、やはりiOS 11.1では直っていない模様。


またiOS 11.1ではバッテリー持ちが改善するとの話もありましたが、海外の方のツイートではまだ改善していないという投稿もあり、こちらに関しても追加で何か分かり次第お伝えしたいと思います。



関連記事