iPhone Xでも使えるかも?とあるiPadアプリがフロントカメラをボタンにするアプローチ公開

投稿日:

by HikaruSano

iPhoneやiPadを動かしているiOSは基本的に、サードパーティアプリがホームボタンを利用する事を許可していません。

それゆえにアプリは画面上で完結する作りになるのが基本なのですが、なんと「フロントカメラ」をボタンに変えるハックが海外で紹介され話題になっています。

ありそうで無かったフロントカメラのボタン化

基本的に物理ボタンの挙動をアプリに組み込めないiOS、カメラアプリは例外的に音量ボタンをシャッターとして使えたりしますが、他のアプリはボタンを使う事ができませんね。

そんなもどかしさをどうにかしたかったのか、開発中のiPad向けMacサブディスプレイアプリ『Luna Display』が、「フロントカメラをボタンに変えるハック」を紹介しました

『Luna Display』はiPadを擬似的なMacのサブディスプレイにするためのアプリなのですが、iPad全体をディスプレイに変えると設定変更などが行いにくくなり、逆にディスプレイ内に設定ボタンなどを設置すると表示スペースが減る、というジレンマを抱えていました。

そこで開発者が考案したのが「フロントカメラをボタンに変えるハック」、iPadのフロントカメラを指で塞ぐ事でボタンのような挙動をするようにしたのです。

これにより『Luna Display』は、画面全体をMacのサブディスプレイ表示としながらも、フロントカメラをタップする事で各種メニューを呼び出せるという解決案を採用する事ができました。

この機能には「フロントカメラの常時起動(バッテリー問題)」「プライバシー問題」がありますが、フロントカメラは常時ぼやけたピントになるようにコードで調整し、その状態でカメラを常時起動してもCPU使用率が1%未満のため問題ない、と説明しています。

この機能はホームボタンがなくなるiPhone Xでももちろん利用できますし、なんなら歴代iPhoneでも採用する事ができるでしょう

各種機能の呼び出しなどで「フロントカメラをタップ」というのが、もしかしたらアプリの1つの流行りになるかも知れません。

まとめ

とは言えこのアプリは現段階で開発中であり、この機能をAppleが許してApp Storeでリリースできるかは審査を通してみないとわかりません。

彼らは以前「音量ボタン」にその機能を与えようとしましたが、「おそらくAppleが許さないだろう」とこのフロントカメラハックを思いついたそうです。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:THE VERGE

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事