Siriは小学1年生よりもおバカだったΣ(゚Д゚)?人間の知能指数に最も近いAIは…アレ

投稿日:

by yumi

2011年に発売されたiPhone 4sで初めて搭載されたSiri。

アラームをかけてくれたり、ちょっとした調べ物をしたり、かかっている音楽の曲名を教えてくれたり…私たちiPhoneユーザーのアシスタントとして活躍してくれていますが、どうやらSiriの頭脳は小学1年生に圧倒的に劣るレベルだったようです。

そして人間に最も近い頭の良さを発揮したのは…みなさんご存知のアレでしたよ!

AIの頭脳を調査したら…

AppleのSiriのみならず、Googleの「Google Assistant」やAmazonの「Alexa」など、IT企業がこぞって開発を進めているAI(人工知能)音声アシスタント。

Siriは2011年iPhone 4sに初めて搭載され、iOSがアップデートする度に賢くなってきたようなイメージですが…実際のところ、こういったAIはどれほど賢いのでしょうか?

2017年6月に発表され、9月にarXiv.orgに掲載された論文「Intelligence Quotient and Intelligence Grade of Artificial Intelligence(AIの知能指数と知能グレード)」によると、Siriは小学1年生(6歳)に圧倒的に劣るほどだったのだとか。

この論文はネブラスカ大学中国科学アカデミーや情報科学技術大学などの研究者によって2014年から2016年に行われた「AIのIQを人間の知性と比較する」という調査に基づいたもので、

  • Siri
  • XiaoBing
  • Bing
  • sogou
  • Baidu
  • duer
  • Google

というAIに加え、

  • 人間(18歳)
  • 人間(12歳)
  • 人間(6歳)

の知能指数を調査。

するとそれぞれの知能指数は、

  1. 人間(18歳):97
  2. 人間(12歳):84.5
  3. 人間(6歳):55.5
  4. Google:47.28
  5. duer:37.2
  6. Baidu:32.92
  7. Sogou:32.25
  8. Bing:31.98
  9. Xiaobing:24.48
  10. Siri:23.94

という結果に。なんとSiriさん、23.94で最下位です…(;´Д`)

AIの中ではGoogleが47.28とダントツで、Siriの2倍以上という結果に。人間(6歳)との差もそこまで開いているわけではありませんし、Google先生さすが…といったところでしょうか。

ちなみにGoogleは現在こそIQ47.28ですが、2014年の時点では26.5。たった2年で倍近く賢くなっているそうですよ。

このまま人工知能の技術が進めば、人間のIQを超える日もそう遠くはないのかもしれませんね…!

ライターのひとこと

Siriはちょっとおバカなところも可愛い…ですよね?

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事