iPhone XとiPhone 8/8 Plusは「高速ワイヤレス充電」にも対応の模様

投稿日:

by ryo

こんにちは、ryoです。

新型のiPhone 8/8 Plus、iPhone Xはワイヤレス充電や高速充電に対応することは判明していますが、どうやら今後ソフトウェアアップデートによって「高速ワイヤレス充電」にも対応する事が確認されましたよ。

高速ワイヤレス充電について詳しく見て行きましょう!

ソフトウェアアップデートで高速ワイヤレス充電が可能に

先日発表されたiPhone 8/8 Plus、iPhone Xについて、ソフトウェアアップデートによって高速ワイヤレス充電に対応する事が確認されました。

Appleがこの件について正式に発表した訳ではなく、公式アクセサリのページにひっそりと書かれていますよ。

今のところ高速ワイヤレス充電に対応すると見られるのが「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」と「mophie wireless charging base」の二種類。

これらの商品説明の欄に「高速ワイヤレス充電」の文字が。

さらに「年内に無料で提供されるソフトウェアアップデートによって利用できるようになります。」との記述も見られます。

新型iPhoneで利用されているのは「Qi(チー)」というワイヤレス充電規格で、最新のGalaxyシリーズでは最大10Wの出力(入力)に対応しています。

一方、今回の新型iPhoneではソフトウェアアップデート後でも最大7.5Wの出力(入力)までしか対応していないので(ワット数が大きいほど充電速度が速い)、今後の更なるアップデートでより高速なワイヤレス充電(10W規格)に対応するのかどうか注目です。

Galaxyシリーズの高速ワイヤレス充電の場合かなり発熱するようで、冷却用のファンが充電台に搭載されているものも少なくないそう。

ファンが回っていると音も気になってくると思うので、iPhoneシリーズのワイヤレス充電における発熱量も気になるところですね。

ちなみに2018年に発売予定とされたAppleの純正ワイヤレス充電台「AirPower」はiPhone、Apple Watch、AirPodsの三つを同時に充電できる優れもの。

こちらも同様に高速ワイヤレス充電に対応するものとみられます。

しかし全てに言える事ですが、高速充電を行うには電源アダプタ、ケーブル、充電台のすべてが高速充電に対応している必要があるので、専用のアクセサリでそろえる必要がありそうです。

以上、新型iPhoneに搭載される高速ワイヤレス充電について紹介しました。

ソフトウェアアップデートによって利用できるようになるという事で、なるべく早めに対応してくれると良いですね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Apple

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事