ヒビ割れたスマホを自動修復!全ユーザーが望んでる技術をモトローラが特許出願

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

これはぜひとも早急な製品化をお願いしたい…!

モトローラが「スマホについた傷やヒビを自動で修復する技術」に関する特許を出願しました。

画面割れももう怖くない?

モトローラが出願したのはスマホの傷やヒビ割れを自動で検出し、修復するという技術の特許。

一体どのように?というのは図で見ると分かり易いかもしれません。ということで提出された図を交えて見てみましょう。

まずスマホのディスプレイにこのように傷・ヒビが入ってしまったら…

修復アプリを起動し、傷・ヒビの周辺を指でなぞります。

すると画面には「FASCIA HEALING IN PROCESS DO NOT TOUCH(修復を実行中、触るな)」というメッセージが現れ…

自動で傷・ヒビを修復し、完了!

いや〜これが実現したらめちゃくちゃ嬉しいですが、一体どんな技術が使われているのかというと、どうやら「形状記憶ポリマー」という素材をディスプレイに使うことにより実現するようですよ。

形状記憶ポリマーは熱を加えると元の形に戻る性質を持っており、傷・ヒビの部分を集中的に温めることによって修復する…ということのよう。

ただし形状記憶ポリマーが現在のところ透明度がガラスよりも低いらしく、製品化まではもう少しかかりそうです。

以前、カリフォルニア大学の研究者も「自動で修復するスクリーン素材を開発した」と発表しましたが…どちらが早く製品化されるのか、楽しみですね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事