さすがに怪しい…Foxconn内部で撮影されたとされるiPhone 8の製造現場の動画が流出

投稿日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

生産に問題があり初回出荷数が少なくなると予想されているiPhone 8ですが、そもそも例年通り9月に出るのか気になるところですよね。

そんなiPhone 8を製造するFoxconn内部の生産ラインを撮影したとされる動画が流出し話題となっています。

よくよく見ると気になるところもあり、本物かどうか怪しいのですが一体どんな動画だったのかご覧下さい!

動画に映り込む部品が噂と異なる!?

リーク情報の投稿でかみあぷでもご紹介しているBenjamin Geskin氏(@VenyaGeskin1)が投稿したのは、2つの動画。

どちらもFoxconn Plantの動画と紹介しており、元々はweiboに投稿された動画のようなのですが、1つはiPhone 8の背面パーツと思われる部品を作業者が拭いている様子が撮影されています。


もう1つの動画も同じく背面パーツの製造の様子を撮影したもので、大量につるされたiPhone 8用のものと思われる部品が流れてくる様子が映し出されています。


何かパーツに表面などの処理をして装置から出てくるところのようなのですが、確かに写っている部品を見ると今までの噂にあった縦向きのカメラ用と思われる穴もあいているんですよね。

ただ気になる、記になる…によれば、Foxconnは内部の撮影に関して徹底した管理をしているようで、このような生産ラインの撮影は難しく偽物という見方もあるようです。

またiPhone 8はiPhone 4や4sのように金属製のフレームを前後からガラスのパネルで挟み込む構造になると言われており、動画に写っている一体型の背面パーツとは矛盾しているという指摘も。

Photo by jp.ifixit.com

以上のことから、今回流出した動画はFoxconn内部で撮影されたものでもなく、またiPhone 8ではない別の製品かiPhoneクローン製品の生産ラインを撮影したものではないかと思われます。

それにしても、サプライチェーンに問題があり初回出荷分が極端に少なくなると報じられた直後に、生産ラインとされる動画が流出するなんてタイミング良すぎな気がしないでもありません。


関連記事