【注意】過去最高に精巧な「LINEを装ったフィッシングメール」が出回る

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

かみあぷでは以前から何度か「LINEを装ったフィッシングメール」についてご紹介してきましたが、今回も同様に偽メールが出回っています。

今回のものはパッと見ただけでは「LINEから来た本物のメール」と勘違いしてしまうほど、過去最高の精巧さ。

本物と偽物を見分けるポイントとともにご紹介します!

パッと見は本物…LINEを装ったフィッシングメール

これまでかみあぷでご紹介してきた「LINEを装ったフィッシングメール」は、以下のようなものでした⇓

よく見ると、

  • 日本語がおかしい
  • URLが本来のLINEのものではない

など、ある程度ニセモノと分かりやすいですよね。

しかし今回登場したフィッシングメールがこちら⇓ まず差出人には「LINE」と書かれており、ここをタップすると

アドレスが「do_not_reply@linecorp.com」となっています。「linecorp.com」はLINEが実際に利用しているドメインですし、なんとも本物っぽい…。

さてメールに戻って、本文。

日本語に多少の違和感はありつつも、「絶対に日本語話者が書いたものじゃない!」とは言い切れない程度の文章ですよね。

そして本文下にあるURLですが、これをコピペして開いてみると…。

「404 Not Found」になるものの本物のLINEのサイトへと飛びましたΣ(゚Д゚)

しかしこれはURLの表示を偽装しているだけ。

コピーではなくURLを長押ししてみると…隠された「www.line〜〜.cn」というアドレスが出てきました。

これは完全にフィッシングサイト。アクセスするとLINEのIDやパスワード、クレジットカード情報などが盗まれる可能性があるので、絶対にアクセスしないようにしましょう。

さて、このようにかなり本物っぽいフィッシングメールでしたが、いくつか見分けるポイントがあります。まずは本文の日本語。流暢な日本語に見せかけていますが、やはりミスがあります。

  • ご不便をおかけして→ご不便をもたらして
  • 二段階→二级

そして先ほども言った通りURLを長押ししてみること。表示は本物のアドレスでも、長押しすると実際にアクセスするアドレスを見ることができます。

以前は差出人を見れば怪しいと分かりましたが、フィッシングメールはユーザーを騙すため段々と精巧になってきています。

パッと見は本物に見えても、本文の日本語におかしいところがないか注意深く読み、URLはまず長押ししてみるようにしましょう!


関連記事