1つの時代が終わった…「iPod shuffle」「iPod nano」が販売終了

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

なんだかちょっと寂しい気がしますね…。

「すべて偶然にまかせよう」というキャッチフレーズで発売されたiPod shuffleと、小型で人気を博したiPod nanoの販売が終了したようです。

1つの時代を築いたiPodが販売終了

2005年1月11日に第一世代が発売されたiPod shuffleと、同年9月7日に第一世代が発売されたiPod nano。

iPod nano

それぞれ最後のモデルは2015年に登場しましたが、これはカラーバリエーションの追加が行われただけ。

「アップデートされた新モデル」という意味ではiPod shuffleは2010年(第4世代)、iPod nanoは2012年(第7世代)が最後となっています。

iPod shuffle

そして現在、Apple Storeのウェブぺージを見てみるとどちらもApple Musicに繋がるようになっており…販売が終了した模様。

The VergeによるとAppleは「両デバイスの販売は終了した」と認めたとのことですよ。これまでiPodは、

  • iPod(classic)
  • iPod mini
  • iPod shuffle
  • iPod nano
  • iPod touch

と5種類発売されてきましたが、これで残るはiPod touchのみとなりました。

iPhoneに押されて販売台数が落ちていたのは想像に難しくないですが、当時画期的なデバイスだったことを思うとなんだか寂しい気持ちになりますね…。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:The Verge

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事