次期iPhoneと同時に「Apple Watch Series 3」も発表か?新機能やスペックは?

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

次期iPhoneばかりに注目が集まっていますが、実はApple Watch Series 3も9月に発表されるとの情報が入ってきました。

ということで今回は、あまり情報が流出しないApple Watch、現在までにウワサされているSeries 3の新機能についてご紹介します。

Series 3の新機能は?

2015年4月に初代が、2016年9月に2世代目(Series 2)が発売されたApple Watch。Series 2から1年後の2017年9月にSeries 3が発表されるとの情報が入ってきました。

iPhoneよりも注目度が低いため、なかなか情報や写真などがリークされませんが、米メディアのCNET「Series 3に搭載される(と噂の)新機能・スペック」を公開。それによると

  • SIMカードが挿入できるようになり、Apple Watch単体で通信が可能に
  • FaceTimeカメラ搭載
  • MicroLEDディスプレイ採用
  • ガラスフィルムタッチ技術搭載
  • これまでより軽量化
  • 耐水性向上
  • 睡眠のトラッキングが可能に
  • 血糖値が測れるように
  • 呼吸センサー搭載
  • スマートバンド登場
  • ワイヤレス充電の速度が向上
  • 価格は349ドル(約39,000円)辺りから

といった機能・スペックが現在までに「搭載の可能性がある」とされているそう。

特に目新しい機能はない…と思ってしまいますが、以前ご紹介した通り「血糖値の計測」が本当に実現したら、医学界に激震が走ること間違いなし。

さらに単体での通信が可能になれば、iPhoneユーザー以外にもアプローチできるようになります。

Photo via Visual hunt

6月に開催されたWWDC 2017にてApple Watchの新OS「WatchOS 4」は今秋リリースとアナウンスされたため、本当にSeries 3が出るとすれば次期iPhoneと同時発表でまず間違いないと考えられます。

Series 2は「マイナーアップデート」と言われることも多かったので、Series 3では大きな進化に期待したいですね。

参考:CNET

関連記事