【悲報】ソフバン、通信制限時にアップロードも低速化!SNSを利用しづらくなりそう

更新日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

ソフトバンクユーザーの方、残念なお知らせです…。

ソフトバンクは、データ容量の上限を超えた時に通信が低速化する「通信制限」について、ダウンロードだけでなくアップロードも対象とすることを発表しました。

SNSへの写真アップロードや動画の投稿などがしにくくなりそうです(´Д⊂

アップロードも最大128kbpsまで低速化

ソフトバンクは5月31日、通信制限時のアップロード速度を低速化することを発表。

実はソフトバンクは2012年に4Gサービスを開始した時から「契約しているデータ容量の上限を超えた場合、ダウンロードもアップロードも最大128kbpsまで低速化する」としていましたが、これまでユーザーの利便性を考慮し「低速化はダウンロードのみ」となっていました。

しかし最近はSNSへの写真や動画の投稿などによりデータ量が増加。そのため今年8月31日からアップロード時も最大128kbpsまで低速化することを決定したそう。

対象となるプランは、

  • データ定額ミニ(1GB/2GB)
  • データ定額(5GB/20GB/30GB)
  • データ定額(20GB(U18))
  • データ定額パック(8GB/10GB/15GB/20GB/30GB)
  • 家族データシェア(10GB/15GB/20GB/30GB/50GB/100GB)
  • パケットし放題フラット for 4G LTE/4G
  • パケットし放題 for 4G LTE/4G
  • 2段階パケット定額

などデータ量の上限値があるものすべてとなっています。

ソフトバンクは「アップロード速度:最大37.5Mbps」と公表しており、それが128kbpsに制限されるとなると速度は通常時の約290分の1。

メールやLINEなど文字の送信だけならばそれほど気にはならないとは思いますが、写真や動画の投稿はかなり厳しいと考えられます。

ちなみにドコモとauに関しては、以前より「通信制限時はダウンロード・アップロードともに低速化する」と記載はあるものの、ソフトバンクと同様アップロードに関しては緩和されていた可能性も(※ソフトバンクも「送受信ともに低速化」とされており、アップロードの緩和については記載がなかったため)

しかしソフトバンクが緩和を終了したことから、今後2社が追随する…なんてことも考えられます。

変更の適用は8月31日からなので、もし「頻繁に通信制限されてしまう」という方がいれば、契約しているプランの変更について一度検討した方がいいかもしれませんね…。

※Y!Mobileも同様にアップロード時の通信制御緩和の終了を発表しています(=通信制限時はアップロードも低速化)


関連記事