【悲報】iOS 10.3.2でiPhone 5/5cのサポート終了か?

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

先日iOS 10.3がリリースされたばかりですが、昨日は開発者向けにiOS 10.3.2のベータ版が、そして今日にはiOS 10.3.2のパブリックベータ版がリリースされました。

現時点では特に目立った機能追加等は見受けられないのですが、1つ重要な変更が。もしかしたらiPhone 5/5cのサポートが終了となるかもしれません…!

iOS 11を前にサポート終了か?

Appleinsiderによると、開発者向けにリリースされたiOS 10.3.2ベータ版とパブリックベータ版に”あるもの”が含まれていなかったとのこと。

その”あるもの”とは32ビットデバイス用のIPSWファイル。

これは簡単に言うとiOSのアップデートや復元をする際に必要なファイルなのですが、iPhone 5や5c、iPad(第4世代)などの32ビットデバイス用のIPSWファイルが用意されていないそうなんです。

そのためiPhone5/5c、iPad(第4世代)はiOS 10.3.2にアップデートできない=サポート終了の可能性あり…ということに。

先日リリースされたiOS 10.3では32ビットのアプリについて「将来的に使えなくなる可能性がある」という表示が出るようになりましたが、デバイスについてもサポートを終了することで64ビットへの完全移行を進めたいということなのかもしれません。

ただしこれまでAppleがサポートを終了していたのはiOS 9→10など大きなアップデートの時。そのためiOS 10.3.2ベータ版で32ビットデバイスのサポートがない原因として、

  • 人員不足なだけで正式リリースの際はiPhone 5/5c、iPad(第4世代)もサポートされているはず
  • iOS 10.3.2は不具合の修正がメインだが、32ビットデバイスではその不具合が発生していないのでは(アップデートする必要がないからサポートされていないのでは)

という見方もあるようです。

たしかにマイナーアップデートであるiOS 10.3.2でサポートが終了するというのはなかなか考えづらいですよね…。

しかしここ最近でサポートから外されたデバイスを見てみると、

  • iOS 10:iPhone 4s、iPad(第3世代)、iPad mini(第1世代)、iPod touch(第5世代)
  • iOS 9:なし
  • iOS 8:iPhone 4
  • iOS 7:iPhone 3GS、iPod touch(第4世代)

という流れ。

そのためiPhone 5や5c、iPad(第4世代)はiOS 10.3.2でサポートが終了しなくても、おそらく今年9月にリリースされるであろうiOS 11では終了となる可能性が高そうです。

2012年に発売されたiPhone 5、5年間愛着を持って使い続けた人には残念ですが、そろそろ変え時ということなのかもしれませんね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事