原点回帰?iPhone 8は初代iPhoneのように背面が丸みを帯びたデザインを採用か

投稿日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

次期iPhoneの1つとされるiPhone 8ですが、様々なデザインや仕様の噂が飛び交っており実際どうなるのかまだ謎に包まれたままですよね。

そんななか韓国のメディア「etnews」が新たな話として、iPhone 8は初代iPhoneのようなデザインになると伝えているのでご紹介します。

これが試作検討されているモデルの1つなのか真偽は不明ですが、初代iPhoneが最新モデルとして蘇るとなるとAppleファンとしてはワクワクしちゃいますね。

大きな曲面を持つウータードロップデザインをiPhone 8で採用か

韓国のメディア「etnews」が伝えるところによると、iPhone 8はウォータードロップデザインと呼ばれる初代iPhoneのような大きな曲面を持ったデザインになると伝えています。

さらにiPhone 8はワイヤレス充電が採用される関係でiPhone 4s以前のような背面ガラスが採用されるとことから、3Dガラスで2モデル目のiPhone 3Gのプラスチック外装を置き換えたようなデザインになるとのこと。

液晶は他の噂と同様に有機ELディスプレイが採用され、そのサイズは5.8インチとしていますが実際の本体サイズは不明です。

また以前より曲面ディスプレイになるという話もありますが、エッジ部分はGalaxyのような大きな曲面ではなく、比較的フラットになるだろうとのこと。

iPhone 8コンセプトイメージ Photo by Abovergleich

そう考えると、液晶面は今のiPhone 7までとそんなに変わらない見た目になりそうですね。

それにしてもiPhone 3Gの曲面に似たデザインはある意味、新鮮で古くからのユーザーからするとうれしい気もすると思うんですが、問題は厚みの違い。

iPhone 3Gは厚みが12.3mmもあったのであの大きい曲面が作れるのですが、現在最新のiPhone 7の厚みはたったの7.1mm。

過去のモデルより極端に厚みが増すとは考えにくいんですが、ワイヤレス充電を搭載するために多少厚みが増す分を曲面のデザインでカバーするというのならありえなくもありません。

コンセプトイメージ Photo by TNW

なんて妄想が膨らむ訳ですが、以前もお伝えしたとおりiPhone 8はまだ開発段階という話もあります。

そう考えるとあくまで開発段階のデザイン検討のうちの1つで、初期モデルのデザインを参考にしたデザインがあっただけと言う可能性も否定できません。

個人的には多少厚みがあってもあの丸みのあるデザインが、10周年というタイミングで出るとなると俄然ほしくなってしまいますが、皆さんはどうですか?

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:etnews via Mac Rumors

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事