【えっ】iPhone 8は未だ開発段階!?ホームボタン廃止もOLEDも決まってないらしい

投稿日:

by yumi

こんばんは、yumiです。

多くのAppleファンやiPhoneユーザーから期待が集まっている「10周年記念モデルのiPhone」。

これまでさまざまなリーク情報や噂をご紹介してきましたが、ここに来て「iPhone 8はまだ開発段階で、最終的な仕様は全く決まっていない」というニュースが入ってきました。

プレミアムモデルについての噂を振り返ってみる

iPhoneが世に誕生してから10年を記念した「特別なiPhone」が今年登場する…この点に関して世間ではすでに「周知の事実」のように語られていますよね。

「もし特別なiPhoneが出ない」なんてことになればAppleの株価がガクンと落ちることは目に見えていますし、これはもはや確定と言ってもいいでしょう。

コンセプトイメージ

しかしその仕様については未だ開発段階で、筐体の素材(ガラスやアルミなど)すらも決まっていないとのこと。

Macお宝鑑定団Blogは台湾サプライヤーから得た情報として

  • iPhone 8の名称は「iPhone Edition」
  • iPhone Editionのプロトタイプモデルは複数存在する
  • 技術確認テストと並行して現在も開発が続けられている

と明かしています。

そのプロトタイプモデルはガラス筐体のもの、アルミ筐体のもの、ホームボタンが有るもの、ホームボタンが無いもの、とさまざまなんだそうですよ。

OLEDディスプレイでさえもまだ確定ではないようで…決まっていることは

  • 5インチディスプレイ
  • デュアルカメラ
  • ワイヤレス充電機能
  • Lightningコネクタ仕様

の4点のみなんだとか。

ではなぜ開発段階の仕様が、こんなにもリークされるのか?Macお宝鑑定団Blogはその理由について、

  1. 正式モデルが決まった段階で部品調達をすると製造が遅れる
  2. だから技術確認テストまで進んだプロトタイプについては、どのくらいの部品数が調達できるか調査を行っている
  3. その調査が一部のアナリストに伝わる

としています。例えばですが、簡単に言えば

  1. Apple「iPhone 8にOLEDディスプレイ搭載しようかと考えてるんだけど、何個ぐらい作れそう?」
  2. サムスン「う〜ん。このぐらいですかねぇ」
  3. サムスン「あ、こないだAppleにOLEDディスプレイについて聞かれたよ」
  4. アナリスト「まじすか!てことは次期iPhone、OLED搭載されるんじゃね?ねぇ、みんな聞いてー!」

ということですね(あくまで例え話です)。

そもそもプレミアムモデルの噂が流れ始めたのは2016年9月。なんとiPhone 7発売からわずか10日後でした。その時点で、

  • 本体はガラス製でベゼルがなくなる
  • OLEDディスプレイが採用される
  • Touch IDやFaceTimeカメラもディスプレイに組み込まれる
  • ホームボタン廃止
  • ワイヤレス充電が可能に
  • 虹彩もしくは顔認証システムを導入

と、今まさに次々とリークされている仕様がすでに噂されていたんです(その時の記事がこちら)。

となるとiPhone 8の開発はiPhone 7発表前から進められており、現在もまだその状態ということに。AppleがiPhone 8に相当力を入れているのが分かりますね…!

9月の時点でさまざまな情報が

「例年では9月発売なんだし、3月の時点ではまだ開発段階でもおかしくないでしょ」と思う方もいると思いますが、2016年に発売されたiPhone 7の場合は、

と3月の時点で画像がリークされ、それもほぼ本物と言っていいものでした。

ということは、例年通りであればそろそろ画像がリークされ始める頃。

もしも今月中に1枚も画像が出てこないとすれば、先日「iPhone 8の発売は10月以降」と報じられた通り、発売日の延期がかなり濃厚となりそうです。

延期はあまりうれしくないニュースですが、Appleがアニバーサリーイヤーに相応しいiPhoneを作ろうとしていると考えると今から楽しみになってきますね…!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事