iPhone 8の新作コンセプト続々!AR対応や接続不要のワイヤレス充電機能など

投稿日:

by yumi

こんばんは、yumiです。

iPhone 8の非公式新作コンセプトイメージが続々と公開されています!

今回は「ワイヤレス充電機能を搭載したiPhone 8」「AR対応の未来感溢れるiPhone 8」の2つが登場。

みなさんはどちらがお好みですか?夢が広がるiPhone 8たちをさっそく見てみましょう!

ワイヤレス充電「AirCharger」を搭載したiPhone 8

まずはYouTuber「ConceptsiPhone」が公開したiPhone 8から。

ホームボタンがディスプレイ内に埋め込まれ、ベゼルが薄くなったiPhone 8。

スクリーンに指を近づけると自動でスリープが解除され、

コントロールセンターを表示。いちいち下からスワイプする手間がなくなっています。

デザインはというとカメラの出っ張りは消え失せ、

どことなくiPhone 4や4Sを感じさせる、角ばったデザインに。

その他の機能としてメッセージが届くと、その内容に合わせて「Yes」「No」「Maybe」などの選択肢が表示されるように。

選択肢の1つにある「Yes」タップすると、入力が済んでいる状態でメッセージアプリが起動します。

そしてキーボードを表示させながらも、よく使う顔文字が下部に!キーボードの切り替えが必要ないですし、これはめちゃくちゃ使えそうな機能ですね。

そして最後は、ぜひ実現して欲しいワイヤレス充電機能「AirCharger」がお目見え。

コンセントに挿すだけでiPhoneを充電してくれる仕組みとなっています。これは素直に使ってみたいですよねぇ。

個人的にはこのAirChagerと角ばったデザインにかなり惹かれましたw 

AR対応の未来感溢れるiPhone 8

続いてはグラフィックデザイナーのGabor Balogh氏が公開したなんとも美しいコンセプトイメージ。

このiPhone 8の特徴は、カメラを起動しながらSiriを呼び出せる機能。

例えば下の画像のようにタワーをカメラで捉えながら、Siriに「これは何のタワー?」と尋ねると…

「それは『コイトタワー』ですよ。1930年代に建てられ、WPA(米国政府の公共事業促進局)の壁画、360度の眺めとオウムの群れが住んでいることで有名です」なんて答えが返ってきます。Siri賢すぎw

さらにカメラはARに対応しているので、道案内もお手の物。これ、方向音痴には本当ありがたい機能です…。

そして人を映した時は…顔で人物を認識するのはもちろんのこと、「心拍」「体温」「呼吸」なんかも分かっちゃう!未来感ハンパねぇ(  Д ) ゚ ゚

ということでiPhone 8の新作コンセプトイメージをご紹介しました。

「実現するか」というポイントで考えると、1つ目のコンセプトの方が期待できそうですが、Appleは人工知能に力を入れARにも興味を示しているというのは以前ご紹介した通り。

現代の技術でiPhone 8への搭載は難しいとしても、2つ目のような端末が生まれる日もそう遠くないかもしれませんね…!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事