全部一緒だと思ったら大間違い!「到着予想時刻」の精度で見るナビアプリの実力

更新日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

車で出かけるときのルート案内と言えば一昔前までは備え付けのナビでしたが、ここ数年でもうiPhoneのアプリで十分と感じるようになった方も多いのではないでしょうか。

さてそんなルート案内に便利なマップ・ナビアプリですが、ルート検索時に表示される「到着予想時刻」ってどのくらい正確なのか気になったので調べてみました。

使うアプリによって差が出るのか、はたまたどれを使っても変わらないのか結果に注目ですよ!

『Apple純正マップ』『Google マップ』『Yahoo!カーナビ』『NAVIRO(ナビロー)』の4つで検証

皆さん地図・ナビアプリを使ってルート検索をした上で自動車でどこかに出かけたことってあると思うのですが、その時の「到着予想時刻」って気にしてますか?

だいたいどのくらいの時間で目的地に着くのかの目安になる訳なんですが、これ走行しながら徐々に補正されていって常に変動するんですよね。

途中で休憩を入れたりちょっとした寄り道をしたりもするので、常に最新の状況で再計算されるのはいいのですがそもそも最初に出る「到着予想時刻」ってどれだけ正確なのか気になったんですよ。

そこで今回は皆さんが一度は名前の聞いたことがあるであろう、有名アプリを4つ選んでこの検証を実施してみようという訳。

1. iOS標準『マップ』

トップバッターはiOS標準の『マップ』アプリ。登場当初は散々でしたが、確実に改良を加え進化を続けるマップアプリの実力はいかに?

マップ
ナビゲーション
無料

2. 『Google マップ』

お次はマップアプリと言えば、昔から定番の『Google マップ』。トップ降臨し続ける王者はナビでも勝利か。

Google マップ – ナビ、乗換案内
ナビゲーション
無料

3. 『Yahoo!カーナビ』

3番手はYahoo!が提供するカーナビアプリ『Yahoo!カーナビ』。無料アプリ総合ランキング1位獲得を獲得した実力とカーナビ専用アプリの意地を見せるか注目。

Yahoo!カーナビ – 渋滞情報もデータ更新も無料のナビアプリ
ナビゲーション
無料

4. 『NAVIRO(ナビロー)』

4つ目はナビアプリとしては後発の『NAVIRO(ナビロー)』。後から出てきただけあって方言でのルート案内、オービス・取り締まり区間案内、通信量を抑える独自技術など他のアプリにはない差別化機能で頭角を現してきたアプリ。

NAVIRO(ナビロー) – カーナビ/バイクナビ/徒歩ナビが使える高性能ナビアプリ
ナビゲーション
無料

以上4つのアプリを使って、下記の条件で検証をしていきます。

  • 約30分程度の場所までの行き・帰りの2回で検証
  • ルートはアプリ毎に異ならないようあわせる
  • 高速は使わず、渋滞等も起きうる下道を利用する
  • ルート検索時に表示された「到着予想時刻」に対して、実際に到着した時刻との誤差を計測

果たしてどのアプリの「到着予想時刻」が一番正確なのか、ご注目!

地図・ナビアプリ ルート案内「到着予想時刻」検証1(行き)

今回の検証にあたっては、会社から30分程度の距離にあるIKEA港北店をゴールとして検証を実施。

検証するアプリの数に合わせてiPhoneも4台用意して、運転担当と途中経過を含めスクショ撮影担当の2名体制で行いました。(運転中のスマホ操作はダメ、絶対)

ということでまずは行きの検証をスタート。最初にそれぞれのアプリの到着予想時刻を見ていきましょう。

出発時の時刻は14:33で予想時刻を表にまとめるとこのようになったのですが、iOS標準『マップ』の到着時間が異常に早いのが気になります。

さてここでイキナリ到着時の結果に言っても良いのですが、その課程でそれぞれのアプリの到着予想時刻がどう変化していったのかもご紹介していきますね。

まずは出発から10分経過した時点での、それぞれのアプリの到着予想時刻がこちら。

どうやら到着時刻を早く見積もり過ぎちゃったiOS標準『マップ』は当初より10分も補正。他のアプリにも数分の調整が入っていますね。

そして20分が経過。iOS標準『マップ』の補正量が増えているのが気になる…。『NAVIRO(ナビロー)』もここに来て7分と大きく補正。

さてさてそんなことを言っていたら目的地に到着。時刻は15:11で所要時間は37分でした。当初の到着予想時刻との誤差をそれぞれ表にまとめると以下の結果に。

思ったより誤差がばらけて驚きだったのですが、何よりもすごかったのは『Google マップ』でその誤差1分!!対して途中経過でもガッカリだったのがiOS標準『マップ』で誤差は21分と散々な結果になっています。

ということで、行きの検証結果は『Google マップ』がトップ、時点が2分の誤差の『Yahoo!カーナビ』で、ひとまずこの2つがリードという展開になっています。

地図・ナビアプリ ルート案内「到着予想時刻」検証1(帰り)

と、この1回だけではまだまだ分からないので、帰りはあえて夕方の17時を回ってから混む時間帯を使って検証していきます。

しかしここでアクシデントがあり道を間違えてしまいまして…帰りは出発から10分走った時点での「到着予想時刻」を基準に見ていきます。

またもiOS標準『マップ』が早く着くと出してますが、行きの結果を見ればまあこれはもう誤差でかく出るんだろうなと予想できちゃいますねw

そして行きはスムーズだったんですが、帰りは時折のろのろ運転が入ったりで、これはナビに取ってはやっかいな状況。

そんな感じで20分後の状況がこちら。iOS標準『マップ』は補正量が相変わらずでかい。

到着したのは18:22で、掛かった時間は46分でした。当初の到着予想時刻との誤差をそれぞれ表にまとめると以下の結果に。

行きに続いて『Google マップ』『Yahoo!カーナビ』の2つは安定の誤差の少なさを見せております。

まとめ

ということで帰りに道を間違えるというアクシデントがありましたが、行き帰りの結果をまとめて誤差の少なかった順にまとめたものがこちら!

最も「到着予想時刻」の誤差が少ないのは『Google マップ』でした!ただ『Yahoo!カーナビ』もその差2分とほとんど変わらないので、この2つのアプリの精度はかなりのものと言えるでしょう。

そして3位には『NAVIRO(ナビロー)』となっていますが、こちらもその差は11分。特に急いでいる時は別ですが長距離の移動であればそこまで気にするレベルではないのかもしれません。

そして残念だったのがiOS標準『マップ』。行きも帰りも20分近くの誤差が出ており、到着予想時刻は正直アテにならないですね。

検証を開始する前はどのアプリもそんなに変わらないだろうと思っていた「予想到着時刻」ですが、いざ調べてみたら思いのほか差があってびっくりでした。

あくまでナビ機能がメインで到着時間は気にしないという方もいるとは思いますが、やはりどのくらいで着くかはある程度正確に知りたいもの。

○○○に何時には着きたいなんて時には、『Google マップ』『Yahoo!カーナビ』を使えばかなりの精度で予測してくれるのでぜひお試し下さい!

「AppleCare」に入り忘れた方はコチラ

 条件は最強なのに知られていない

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事