まだの人は試す価値あり!iOS10.2.1は「突然落ちるバッテリー問題」を80%改善

投稿日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

昨年よりバッテリー残量があっても突然iPhoneが落ちる問題Appleは交換プログラムを開始しましたが対象端末ではないユーザーでも同症状が報告されていましたよね。

そんなバッテリー問題ですが、実は先月リリースされていたiOS10.2.1でこっそり改善が盛り込まれていたようなんです。

しかもこれで80%もの改善が見られたとのことで、もしまだアプデしていない人は試してみる価値ありですよ!

iOS10.2.1でバッテリー問題の70〜80%が改善

昨年より頻繁に聞かれるようになったのが、バッテリーの残量が明らかに残っているのに突然iPhoneの電源が落ちる問題

Appleはそれに対応するためにバッテリー交換プログラムを開始しましたが、対象は特定の期間に製造されたiPhone 6sのみというものでした。

しかしながら実際には端末を問わず、同問題が起こっているという報告が多数のユーザーから報告されており、Appleの言う一部の製造上の問題以外にも原因があるのではないかとも。

その後、Appleが交換プログラムの対象をiPhone 6にも広げる検討をしているなんていう噂もありましたが、実際には実施されず。問題解決はされないまま今に至るというのがこれまでの経過。

そんな中、実は先月にリリースされている最新のiOS10.2.1で、Appleはこのバッテリー問題の改善を盛り込んでいたMac Rumorsが伝えているんです。

iOS10.2.1といえば、脆弱性の修正をメインとしたセキュリティーアップデートで、他には特に説明もなかったので人によっては様子見でいいやという方もいたはず。

それがAppleが受け取った診断データによると「iOS10.2.1にアップデートすることで、iPhone 6sは80%、iPhone 6は70%以上の不具合改善が見られた」と伝えているんです。

だったらアップデートの修正内容で書いてよ!と言いたいところですが、Appleの予想する対策が有効か明確でないため、あえて明文化せずに効果を見ていたということなんでしょうね。

そして今回の改善は交換プログラムで対応している問題とは別のもので、「古いバッテリーの不均一な電源供給によりシャットダウンが発生する」とAppleは説明しています。

具体的には電源管理システムの調整を行ったとのことのようですが、まだまだ完全ではないようで万が一シャットダウンが発生した場合には自動で再起動する機能も追加しているそうです。

ということで突然のシャットダウンだけでなく、どうもバッテリー周りがおかしなという方でまだ最新のiOS10.2.1にしていない方はバッテリー問題解決の1つの方法としてアップデートを試してみる価値はありそうですね。

それでも、シャットダウンに遭遇した場合はぜひ以下の手順と対策を参考にしてみて下さい。

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

参考:Mac Rumors

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事