【まじかよ】飛行機墜落の原因はiPhone 6s?フランスの新聞が報じる

投稿日:

by yumi

イメージ画像です

こんばんは、yumiです。

昨年5月19日、フランス・パリからエジプト・カイロへ向かっている途中に、消息を絶ったエジプト航空804便。

その後エジプト・アレクサンドリアの北290km地点に航空機の残骸の一部や遺体の一部、乗客の荷物が発見されました。

現在、墜落の原因は調査中ですが、一説によると「副操縦士が所持していたiPhone 6sもしくはiPad mini 4が原因ではないか」と言われているそうですよ…。

iPhone 6sの爆発が原因に?

2016年5月18日午後11時9分(現地時間)乗客乗員66名を乗せパリ=シャルル・ド・ゴール空港からエジプト・カイロに向けて離陸したエジプト航空804便。

カイロには午前3時15分に到着予定でしたが、午後2時半、エジプト沿岸から約280km北の地中海上空を飛行中にレーダーから消えてしまいます。

804便の飛行経路とレーダーから消えた地点(黄点)

20日、エジプト・アレクサンドリアの北290kmに機体と遺体、乗客の荷物の一部が発見されます。

その後6月15日には残骸がある複数の主要位置が特定され、6月16日〜17日にかけてブラックボックスが発見されるも、現在まで墜落のハッキリとした原因は不明のまま…。

イメージ画像 Photo credit: Alex Babashov via Visualhunt.com / CC BY-NC-ND

エジプトの調査では「遺体に残った爆発物の痕跡から見ると、テロリストに狙われた可能性がある」と言われていましたが、今回フランスの新聞Le Parisienは、

  • フランスの調査によると、墜落の原因は爆発ではなく火災である
  • ブラックボックスから、墜落前に操縦室の中または近くで火災が発生しているとのデータが示された
  • ボイスレコーダーも火災の発生を示していた

とし、その火災の原因は副操縦士が操縦室の計器パネルの上に置いたiPhone 6sまたはiPad mini 4の可能性があると報じています。

イメージ画像

離陸前パリ=シャルル・ド・ゴール空港のカメラで、副操縦士が私物であるiPhone 6s、iPad mini 4、香水のボトルが入ったポーチを置いている様子が撮られており…

この位置こそが、ACARS(様々なデータを航空機と地上の間で相互に通信するシステム)が最初に異常の発生を知らせた場所だったそうです。

その後コックピットの下や近くのトイレで煙が検知され、機体はレーダーから消失。

iPhone 6s(もしくはiPad mini 4)が火災の原因とするハッキリとした証拠はないものの、フランス当局はなんらかの異常があったと見ているそうですよ。

この件に関しLe ParisienがAppleにコメントを求めたところ、

「どこの捜査当局からも連絡を受けていない。事故の報告書を見ることはできていないが、この事故の原因をApple製品に結びつける証拠はないと理解している。捜査当局への協力は惜しまないつもりだ。Appleの製品は国際的な安全基準を遵守するよう厳密に検査されている。」

と述べたそう。

イメージ画像 Photo credit: Freimut via Visual Hunt / CC BY-NC-SA

機内で発火といえばサムスンのGalaxy Note7が記憶に新しいですが、事故に繋がるほどの火や煙は出ていないですし、本当にiPhoneやiPadが原因なのか懐疑的な声も多くあがっているようです。

真相が明らかになるまでまだ時間がかかりそうですが、続報が入り次第またお伝えします…!

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

yumi
イメージ画像です

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事