iPhone14衝突事故検出機能はジェットコースターで誤作動?ユーザーから報告

投稿日:

by kenji

Apple

AppleはiPhone14シリーズに、新機能として衝突事故検出機能を搭載。

海外でiPhone14シリーズのユーザーから、テーマパークの乗り物の乗車中に衝突事故検出が誤作動したと報告があり、話題になっています。

iPhone14衝突事故検出はジェットコースターで誤作動

衝突事故検出機能は、iPhone14シリーズの全モデル、Apple Watch8、Apple Watch SE2、Apple Watch Ultraに搭載された新機能で、自動車事故が発生した場合、デバイスが検出し緊急サービスと緊急連絡先に通知する機能です。

iPhone in Canadaによると、iPhone14シリーズのユーザーからテーマパークの乗り物の乗車中に、衝突事故検出機能が誤作動したとの報告が、Redditに寄せられているとのことです。

RedditユーザーのYellowFoolさんは、以下のように伝えています。

これはスペースマウンテンで私に起こりました。その後、警察からコールバックがあり、すべてが大丈夫かどうか尋ねられました

他のユーザーも、次のように注意を促しています。

衝突事故検出機能は、ローラーコースターの力を考慮して設計されていないようです… 今週末、Six Flagsで新しいiPhone14 Proを (ジッパー付きの) ポケットに入れて座っていました。ジョーカー (より強烈な力で知られるメーカーによって作られた乗り物) の場合、Apple Watchにクラッシュ アラートが表示されました。私はApple Watch7を持っているので、クラッシュ検出は私のiPhone14 Proで検出されたに違いありません。Apple Watch7は、それが起こっていることを警告してくれました。Apple Watch7をつけていなかったら、乗車中にポケットにダイヤルしていたでしょう。テーマパークによく行く人は要注意!

Appleは、衝突事故検出は最新の高重力加速度センサーが、最大256Gの急加速や急減速を検知しすると伝えており、ジェットコースターで同様の圧力変化をiPhone14で検知した可能性があります。

iPhoneの画面を「横向き」で固定する方法

参考:iPhone in Canada 写真:Apple

関連記事