電源、音量ボタンが変わる?AppleがiPhone向けデジタルクラウンの特許申請

更新日:

by HikaruSano

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

iPhone 7/7 Plusでは主に防水性と「FeliCa」を獲得しましたが、外見や他機種に見られない目立った新機能が搭載されず地味なアップデートであったと評価されてますね。

でももしかしたら、次期iPhoneにはちょっと面白い装置が搭載されるかも知れない特許が申請されていたんですよ。

Apple Watchの横に付いてるヤツ

この「面白い装置」とはデジタルクラウンと呼ばれるモノで、Apple Watchの横に付いてるダイヤルに似た装置

時計では竜頭(リューズ)と呼ばれるパーツで、時計の針を調整する際などに使用しますね。

今回ご紹介する特許は、この装置をiPhoneやiPad等に採用を想定した特許なんです。

特許の要約でAppleは「電源と音量の調整」「新しい3DUIの操作」などに影響を与えると説明しており、そのまま受け取るなら「電源・音量ボタン変更」、「iOSが3Dを基準にした新しいデザインへ」シフトする事になります

「電源・音量ボタン変更」はそのまま、既存のボタンがこのクラウンに置き換わります。

そして「新しい3DUIの操作」なのですが、このクラウンを手前や向こう側に回転させる事で「アプリの切り替え」などの動作が想定されているんです。

上記画像のように端末右上のクラウンを手前に回して、向こう側にあるアプリ画面が奥から手前に切り替わるイメージですね。

今までのように「ホームボタンダブルクリック→スワイプで選択」から、「クラウンを手前へ」という作業の簡略化等が期待されています。

またこのクラウンには歯車機構を備えていないそうで、回している時の「カチカチ」といった感触はiPhone 7のホームボタンで採用された「タップティックエンジン(Taptic Engine)」の技術を応用するとの事。

きっと他のサードパーティアプリでもこのクラウンを利用した操作を設定する事ができるハズなので、ゲームアプリ等は特に新しい面白さを追加できるかも知れません。

まとめ

いかがでしたか?

デジタルクラウンや3DUIが次期iPhoneに搭載されれば、以前のように発表時に大きな盛り上がりを見せるかも知れませんね。

次期iPhoneは「7S」を飛ばして「8」になると予想されているので、こう言った大幅な変更が来るかも知れませんよ。

参考:Patently Apple

関連記事