スマスマで放送された「感動のソフバンCM」1分間での放映料は…

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

26日に放送された「SMAP×SMAP」最終回。

国民的アイドルグループのSMAP5人全員が揃って見られる最後の番組ということで、視聴していた方も多かったのではないでしょうか?

その番組中ソフトバンクが「1回限りのCM」を流し話題になっていますが、なんとそのCMの放映料は1分でウン千万円だったそうですよ…!

1回限りの感動CM

2009年から2015年まで6年の間ソフトバンクのCMに出演していたSMAP。2015年にすでに契約は終了していたのですが、所属事務所やテレビ局と1日限定の契約を交わし、今回の放送が実現したそうです。

SMAPのヒット曲「オリジナルスマイル」にのせ6年間のCMをつなぎ合わせたスペシャル版。最後に白戸家のお父さんが「さよならじゃ、ないよな?」とSMAPの解散を惜しむセリフを語り、視聴者から多くの感動の声が寄せられました。

ソフトバンク広報は「SMAPやファンへの感謝と敬意を表して制作しました」とコメントし、その心意気に「ソフバン、粋だなぁ」なんて思ったのですが…ゲスい話、一体このCMを流す放映料はいくらだったんでしょう?

総合広告代理店の廣告社株式会社が運営するサイト「広告ダイレクト」を見てみると、テレビCMの料金目安は15秒あたり一番安価な「テレビせとうち」で1万円、一番高い日テレ・TBS・フジテレビ・テレ朝で〜75万円とのこと。

ということは75万円×4(60秒)で300万円…と思いきや、そんなもんじゃなかったようです。

広告関係者によると、なんとその額1分で2,000万円以上だったんだとか…!

なんでも75万円は「あくまでも目安」で、希望の放送時間帯などにより変動もするそう。最終回ということで高い視聴率が期待されていたSMAP×SMAPでは1分で破格の2,000万円以上となったようですね。

最近ちょっと的外れな「長期継続特典」を発表したり、MVNOへの回線貸し渋ったりなどあまりいい話を聞かなかったソフトバンクでしたが、こういった粋な演出を見ると「やりましょう!」と言っていた時代のソフトバンクを思い出しますね。

ソフトバンクさん、素敵なCMありがとうございました!そして今後、このCMのように感動できる新プランを期待しています…!


関連記事