これが未来の駐車!スマホを使った「リモートパーキングシステム」が開発される

投稿日:

by HikaruSano

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

車持ちの方の中には、バックでの直角駐車が苦手で…なんて方も多いのではないでしょうか?

今回日立オートモティブシステムズとクラリオンが開発した「リモートパーキングシステム」が実用化されれば、そんな煩わしさから解放されるかも知れませんよ。

駐車はスマホで遠隔操作

日立オートモティブシステムズとクラリオンが共同開発した「リモートパーキングシステム」は、その名の通り車外からスマホで遠隔操作して入出庫を行える画期的なシステム

日立オートモティブシステムズの車両制御ユニットや、クラリオンの周辺監視カメラシステム「SurroundEye」などを連携させ開発されました。

スマホの画面には車の周辺映像と進行経路をリアルタイムで表示させ、ドライバーは車外から安全確認しつつ車を遠隔で入出庫できるそうです。

冒頭のバックでの直角駐車はもちろん、縦列駐車や並列駐車なんかもスマホで選択し簡単に行えるとの事。

安全確認には車載センサーが利用され、歩行者や障害物が反応した場合には自動停車、ドライバー自身が危険を察知した場合にも画面操作で瞬時に停車させる事が可能だそうです。

無人で安全に車の入出庫が可能な事から、特に狭い車庫のようなスペースでの入出庫が簡単になると期待されています

実際車の運転に関する様々なアンケートでは「運転に関する苦手なこと」に、「駐車」や「バック」がワースト常連。

もし「リモートパーキングシステム」が実用化されれば、世間での運転への苦手意識が大きく改善されるかも知れません。

今後は自動車メーカーなどへの提案を通じてシステムの早期実用化を目指すとのことです。

まとめ

いかがでしたか?

知り合いが免許取りたての頃にバックでの車庫入れに失敗(新車が凹んだ)、以降トラウマになって車庫でもフロントから入れるようになってしまいました

こういった新しい技術がどんどん実用化されていけば、車による人身事故、器物破損事故などが大幅に改善されるかも知れませんね。

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

参考:クラリオン

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事