iPhone 8はサイズが変わらず大画面化して5 / 5.8インチの2モデル展開か

投稿日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

iPhone 7シリーズが出て間もないですが、続々と話が聞こえてくるiPhone 8(仮称)の噂ですが、画面の大型化に関して具体的な話が出てきましたよ。

海外メディアのMac Rumorsにて海外アナリストの話として、iPhone 8は現行サイズのまま大画面化すると伝えています。

また5.8インチモデルにのみ有機ELディスプレイ採用の話もあり、来年はまたどちらを買うか悩ましいことになりそうですね。

サイズはそのままにベゼルレスで液晶サイズを大型化か

Mac Rumorsが何人かのアナリストの話としてiPhone 8の画面仕様についての具体的な話を報じています。

アジアのサプライチェーン(部品などの製造メーカー)の話として、今までも噂のあったように液晶大型化はされるようでそのサイズは5 / 5.8インチになるとのこと。

その見た目は非公式のコンセプトデザインに近いようで、ベゼルレスの全画面液晶になると伝えています。

そして全画面液晶と言ってもエッジ部分は現行と同じ曲面のままとのことですが、Galaxy 7 Edgeとは異なる模様。

Appleは側面ディスプレイの特許を持っているので、全面液晶なら採用してもよい気がするのですが、今回はそのあたりの詳しい話はでてきませんでした。

また以前より有機ELディスプレイが採用されるという噂がありましたが、これに関しては5.8インチモデルのみ採用されると伝えています。

そして一番のポイントは今までとサイズが変わらないという点。全画面化で液晶は大きくなりますが、端末のサイズが変わらないというのはうれしいですよね。

iPhone 5sから6で液晶大型化に加え本体サイズが大きくなった時には、それが理由で買い換えない人もいたくらいですから…。

AppleはiPhone 7で今までの物理ボタンを廃して、「Tap Engine」によるホームボタンを採用しました。

それに加え、液晶画面のどこでも指紋認証(Touch ID)が可能となる特許も取得しています。

そう考えると全画面化に向けての材料は揃ってるとも言える訳で、来年はiPhone 10周年となる年でもあることからここで大幅刷新してくる可能性は十分にあり。

iPhone 7は色以外の変化があまりないので購入見送り…なんて方もいると思うので、来年モデルの噂は今から目が離せないですね。

参考:Mac Rumors

関連記事