PCデポがまたデポってる…(;´Д`) 落ち着いたはずの「サポート費」を巡りまたもや問題発生

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

今夏、高額サポート費問題で大炎上したPCデポ。批判を浴びたことから、本来高額な解除料がかかるサポートの解約を無償で行うと発表しました。

その後話題にあがることはなく鎮火したかに見えたのですが…今回、またもやPCデポに激怒している方が。詳しく見てみましょう!

解除料は無料になったんじゃないの…?

今夏炎上したPCデポの経緯を簡単に説明すると、

  1. 80歳を過ぎている一人暮らしの男性Aさんが、パソコンの修理にPCデポを訪れた
  2. その際、計10台のPCやスマホが対象のサポート契約(月額5,500円)を結んだ
  3. さらに光電話やiPad Airのレンタルなど様々なオプションが付けられ、月々の支払いは1万5,000円に
  4. 男性の息子Bさんがこの契約を発見し、必要ないからと契約を解除するためPCデポへ行くと、解除料20万円を請求された
  5. 話し合いにより20万円が10万円に減額され、消費税を含め計10万8,000円を支払った

というものでした(詳しくはこちらの記事をご覧ください)。

Bさんがこの一連の経緯をTwitterにて投稿したところ「一人暮らしの男性には過剰すぎるサポートでは?」「解除料が高額すぎる」などの批判が殺到。

そのため事態を収束させようとPCデポが「サポートサービスに契約しているユーザーへの対応」として以下の内容を発表しました。

  • いまサポート等の契約を結んでいる人:コース変更や解除を無償で対応
  • 70歳以上の人が新規契約する時:契約時に家族などに契約内容を確認してもらう。3ヶ月以内のコース変更や解除は無償で対応
  • いまサポート等の契約を結んでいる75歳以上の人:加入期間に関係なくコース変更や解除を無償で対応

この発表後にもPCデポの不誠実な対応や、社長が「ない」と言っていた社員へのノルマの存在が明らかになったりと批判を集めていたのですが、それも徐々に落ち着いていき最近ではほとんど話題に上がることもなくなっていました。

しかし今回、PCデポに怒っている方が。その方はブログ「ゴールデンドゥードルコロン&トイプーmixもん&らん」のまりもんさん。

「PCデポにパパ大激怒!」というエントリーにその経緯が書かれているのですが、PCデポの解約金のニュースをたまたまテレビで見ていたまりもんさんは、実は3ヶ月前にPCデポから「いま機種変更をしないと料金が高くなる」と電話が来たため、PCデポでスマホを機種変更したばかり。

「まさか」と思い機種変の際の書類を見てみると、そこには「プレミアムサポート」という項目が…。しっかりと契約を結んでいたそうなんです。

しかしプレミアムサポートの契約を結ぶ際、PCデポの店員に「これはなんですか?」と聞いたところ、しっかりと説明されず、「携帯、やめることないですよね?だったらサインしてもらって大丈夫です」と言われただけとのこと。

プレミアムサポートの支払いは、月々5,100円✕4年間で、途中でやめる場合の解除料は9万2,400円+2万円=11万2,400円!

これを聞いたまりもんさんの旦那さんは、しっかりと説明されていなかったことに「詐欺だ」と激怒し、PCデポへ。

店員に問題点を話し「解約したい」と申し出ると「解除料2万円は無料になりますが、プレミアムサポートプランの中に本体代が含まれているので、9万2,400円はお支払い頂きます」と言われたそう。

2万円は上述した「サポートサービスに契約しているユーザーへの対応」にのっとって無料になるようですが、まさかサポートの中にスマホ本体代金が含まれているとは…謎なプランです(;´Д`)

まりもんさんは「では新しいスマホを返すから、機種変の時に下取りに出したスマホに戻して欲しい。その時の解約金15,000円は払うので」と言うと、それに応じたPCデポ側。

これで一件落着か…と思いきや、なんと機種変の際に古いスマホの解約料15,000円をすでに支払ってると言われたのだとか。機種変なのに解約料を取ってるって一体どういうことなんでしょう…。

  • 一般的には「オプション」と認知されているサポートに、なぜかスマホ本体代が含まれている
  • そのサポートについて詳しい説明がされない
  • 機種変なのになぜか古いスマホの解約料を取られる

など、不明点が多すぎるPCデポの契約。

ちなみにまりもんさんは8月から引き落とされていたプレミアムサポート分の代金も返してもらえたそうですが、契約の解除には4時間を要したとのこと。

まりもんさんのブログを読む限り依然PCデポの契約は分かりにくいものとなっているようなので、契約の際は隅から隅まで書類に目を通すようにしましょう…!


関連記事