防水は4.7インチのiPhone 7だけ!?バッテリー容量アップなど次期iPhoneシリーズに新たな情報

投稿日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

いよいよスペシャルイベントの開催日がAppleより公式に発表されましたが、気になるのは数々の噂。

色々な情報が錯綜していますが、中国のSNS「weibo」への投稿でiPhone 7/ 7 Plusのスペックに関する新たな情報が出てきましたよ。

リーク情報によれば、iPhone 7とiPhone 7 Plusの違いはカメラだけではなさそうです!

iPhone 7(4.7インチ)のみに防水の記載

中国のSNS「weibo」にて@i冰宇宙というユーザーが投稿したのはiPhone 7/ 7Plusの仕様を記載した画像。

Photo by Phone Alena

気になる、記になる…」によれば、投稿した人物はスマホ業界のリーク情報に詳しい人物であるもののAndroidが中心で、iPhoneに関しては実績がないため信ぴょう性は不明とのこと。

そうは言っても気になるリークされたスペック情報、PhoneArenaにて英訳されていたスペックを現行モデルと比較する表にまとめてみました。

まとめて見て気付くのはiPhone 7(4.7インチ)にだけある「防水(IPX相当)」の記載!Apple Watchに同じ耐水性能表示があるので、完全防水と言わなくても今まで防水性能の向上が期待できそうですよ。

それにしても、なぜiPhone 7 Plusは防水がついてないのかは不思議…。

そしてもう1つ気になるのが、バッテリー容量。iPhone 7は14%、iPhone 7Plusは6%容量アップしており、多少ですが使用時間が伸びそうですよ。

今回のリーク情報の真偽は不明ですが、別情報としてNikkei Asian Reviewによれば、「防水スピーカー」と「デュアルカメラ」部品の不足により発売当初は品薄になるという情報も入ってきています。

ここで今まで出てこなかった「防水スピーカー」という表現が出てきていることから、iPhone 7が防水(耐水?)仕様になるのもありえない話ではなくなってきました。

以前よりユーザーが熱望していた仕様だけに、テンションが上がってしまいますが来週のスペシャルイベントではこれだけではないサプライズがあることを期待したいですね。


関連記事