【判決下る】ワンセグ携帯・スマホを持っていても、NHK受信料の支払い義務なし!

更新日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

ワンセグ携帯をはじめ、インターネットに繋がるPC・スマホなどの端末を持っているだけで受信料の支払い義務がある、最終的には端末の有無に関係なく全世帯から受信料を徴収する税金化案も浮上している…なんて報道もあったNHK。

しかし今回さいたま地裁は、「ワンセグ携帯を所有していてもNHKの受信料を支払う義務はない」との判決を下しました!

ワンセグ携帯は受信料いらず

今回さいたま地裁に訴えを起こしていたのは、埼玉県朝霞市の市議大橋昌信氏(NHKから国民を守る党)。

大橋氏は昨年8月から住み始めた現在の自宅にテレビはなく、しかしワンセグ機能付のスマートフォンを所持していたため、NHKに「ワンセグ携帯を所有していれば受信契約を結ぶ義務はあるのか?」と確認。

するとNHKが「ある」と回答したことから、義務がないことの確認を求めてさいたま地裁に提訴していました。

そして26日に「ワンセグ携帯を所有していても、NHKの受信契約義務はない」との判決が!

Photo via Visualhunt.com

争点となったのは、NHK受信料について定められた「放送法64条1項」。ここには「受信設備を設置した者に受信契約の義務がある」と記されていますが、大橋氏は「スマホのワンセグは『設置』ではなく『携帯』である」と主張。

対してNHKは「ワンセグも『設置』に当たる」と反論していましたが、さいたま地裁の大野和明裁判長は「携帯電話の所持は放送法上の受信機の設置には当たらない」と判断したとのこと。

これまでNHKは「ワンセグ携帯を持っていたら受信料を支払う義務がある」と言っていましたし、Twitter上でも

などなど、「テレビがなくてもワンセグ携帯を持っていたら徴収された」なんて話がざくざく出てきます。

さいたま地裁で今回の判決が下ったことによって、今後はこのような話はなくなると思いますが…もしかしたらNHK側が不服として控訴する可能性も捨て切れません。今後の動きにも注目です…!

参考:毎日新聞

関連記事