誰でもiOS 10を試用できる! Appleがパブリックベータ版の配信をスタート

更新日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

Appleが、今秋の正式リリースを予定している「iOS 10」と「MacOS Sierra」のパブリックベータ版の配信をスタートしました。

これは開発者向けに配信されるベータ版とは異なり、簡単な手続きだけで誰でも無料で参加することができます!

Apple IDでベータプログラムに登録

パブリックベータ版の配信は、「Apple Beta Software Program」として行われます。ユーザーによる品質や操作に関するフィードバックをもとに、ソフトウェアの問題の特定と修正、品質向上を行うものです。

プログラムへの参加はiPhoneから簡単に行なえます。「Apple Beta Software Program」にアクセスして「登録」ボタンをタップ。あとはApple IDを入力し、画面の指示に従うだけでオーケーです。

もちろん、ベータ版ということでエラーや不具合が発生したり正しく機能しなかったりする可能性があります。パブリックベータ版をインストールする前に、必ずデータのバックアップをとりましょう。

また、パブリックベータ版とはいえその内容は機密情報です。プログラムの参加者以外の人にベータ版の話をしたり、使用中の画面を見せたりすることは禁止されているのでご注意ください!

このプログラムは、あくまで品質向上のためのフィードバックが目的です。最新のバージョンに触れつつ、iOS 10の開発に協力したいというかたは、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか!


関連記事