Dropboxがカメラアップロード機能の仕様を変更! 7月22日以降も使い続けるための対処法

更新日:

by ハンサムクロジ

Dropboxのカメラアップロード機能の仕様が変更されます。カメラアップロード機能は、スマートフォンの写真を自動でDropboxにアップロードするというもの。

7月22日以降はこのまま使用することはできず、新しい写真と動画が自動的にDropboxへ追加されることはなくなります。

今回は、7月22日以降もカメラアップロード機能を使うための方法を解説します!

Dropbox Proにアップグレードする

7月22日以降もカメラアップロード機能を利用するための方法は2つあります。

DropboxのアカウントをProにアップグレードするのがひとつ目の方法。

アプリを開いて左上のボタンをタップし、一覧から「アカウントのアップグレード」を選択。

次の画面で料金を選択したら完了です。

月額1,200円のプランで容量が1TBまで増えます。お金を払う余裕のある方はこちらをどうぞ……!

パソコンをリンクする

次が、デスクトップ版DropboxをPCにインストールしてアプリとリンクさせる方法です。

インストールしていない方は、アプリを開いて左上のボタンから「パソコンをリンク」をタップ。

次のページで続行を選択。「https://www.dropbox.com/connect」にアクセスするよう支持されるので、

アクセスしてiPhoneのカメラでコードを読み取りましょう。

以上でPCにDropboxのインストールがダウンロードされるので、インストールして同じアカウントでログインすればオーケーです。

PCを使える方は無料で引き続きカメラアップロード機能を使うことができます。ぜひ設定を見直してみてくだださい!!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Dropbox

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事