iPhoneにパニックボタンが搭載される!ただし…

更新日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

iPhoneに「パニックボタン」と呼ばれる緊急コール機能が搭載されることになりました。ただしインド国内で。

インドでは女性暴行事件が多発していることから、ガラケーとスマホ、どちらにも「パニックボタン」と言われる緊急コールの導入が義務化されたとのこと。

一体どのようなものなのか詳しく見てみましょう!

Appleの承認を得て、iPhoneにも導入

インドでは国内の女性暴行事件が多発していることを受け、2017年から国内で販売されるガラケー・スマホすべての携帯電話端末に「パニックボタン」と言われる緊急コール機能の導入を義務化しました。

インドの通信担当大臣Rave Shankar Prasad氏は「テクノロジーは人間の生活を豊かにするもの。女性の安全に使う以上に良い使い方はない」とコメント。

インド国内のレイプ事件は2014年になんと2,000件を超え、被害女性が死亡してしまうことも珍しくないそう。また、日本人女性が被害にあうケースも…。

Photo via Visual Hunt

このような事態を重く見た政府は、女性を守るためパニックボタンの導入を決めたそうです。

すでに昨年12月に導入に関してAppleやサムスンなど大手を含む携帯電話製造会社から承認を得ており、2017年から施行されるとのこと。

Photo credit: TechStage via Visual hunt / CC BY-ND

パニックボタンは、

  • ガラケー:「5」または「9」を長押し
  • iPhoneなどのスマホ:電源ボタンを3回連続して押す

という動作により発動するそうですよ。

ただしインドでは女性差別が根強く残っており、昨年の2月には「勉強の妨げになる」との理由から、未成年の女性や未婚の女性に携帯電話を所持することを禁じた村もあるんだとか…。

レイプ被害の多さはもちろんのこと、女性差別など日本では考えにくい国内事情が複雑に絡んでいる今回の法案ですが、すべての携帯電話製造会社が協力して機能を追加するのは良いことですよね。

個人的には、最近は小学生や中学生もiPhoneを持っていますし、iPhoneの標準装備として「パニックボタン」が付いているといいなぁという気もしますが…みなさんはどう思われますか?

参考:GIZMODO

関連記事