もう「フリック入力」は古い!?今時の若い人は「音声入力」を使うと話題に

更新日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

携帯からスマホに変えて一番最初に戸惑うのが、文字を打つ際のフリック入力でしたよね。

そんなフリック入力ですが、今時の若い方はさらにその先を行って「音声入力」を活用しているというツイートが話題となっております。

まさか「音声入力」とは驚きなのですが、いざ使ってみたらこれが意外と精度が高かったので二度驚きでしたよ!

平成10年生まれは音声入力を活用!?

こちらが衝撃的だったツイート。まじですか…平成二桁生まれの方は「音声入力」の時代なんすか…

と言っても、ごく一部のことなんだろうと思いきやそうでもない模様。

うん、やはり若い人は使っているんだなと思ったら音声入力の便利を知って活用されている大人な方も現る。

今年41になるおっさんとしては、文字入力といえば最初にポケベル入力に始まって、

ガラケーの文字入力方式に最初は戸惑ったものです。当時、文字入力の設定にベル打ちなんていう項目があったのが懐かしい…。

そしてスマホが普及し始めて、今度はフリック入力が登場。最初は打つのがめちゃくちゃ遅くて、フリック練習アプリで練習しましたねえ(遠い目)

そしたらですよ、デジタルネイティブ世代は「音声入力」を活用してるなんて…。もう設定でデフォルトオフにしてましたよ。

だって、音声入力なんて精度が悪くて使い物にならなだろうと思いますよね。でも使っているからには理由があるだろうと、設定の一般→キーボードと進んで、音声入力をオンに。

すると入力切り替えの横にマイクボタンが登場。

このボタンを押して話しかけると文字入力をしてくれるんですが…あら?意外とちゃんと入力される。

長文であってもほぼリアルタイムに変換されていってしかも誤変換が全然ない!

句読点やマルもそのまま言えば入力されますし、こ、これすごくね?w

わたくし、完全に音声入力を侮っておりました…これ確実にフリック入力より早く入力できますし、何よりもラクチン。

これは若い方が「なんで使わないの?」って言う気持ちもなんとなく分かった気がします。

ただ欠点もあって、当然ですが入力する内容を全部口に出して言わないといけないので、電車の中などの外出先で使えないのが残念な所。

さすがに万能とはいかない「音声入力」ですが、例えば手をケガして文字入力が困難な時などには間違いなく活躍するでしょう。

Siriもそうですが音声入力って少々恥ずかしくてなかなか使えないのですが、この音声入力の精度は本当に素晴らしかったので、ぜひ一度お試しを!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事