ずーっと目に優しく! 低電力モードで「Night Shift」機能を使う方法

更新日:

by ハンサムクロジ

iOS 9.3から利用できるようになった「Night Shift」。ブルーライトをカットして目に優しいディスプレイを実現してくれる機能です。

便利な機能なのですが、低電力モード中はオン・オフの切り替えボタンが押せなくなり、利用できなくなるという欠点がありました。

しかし、その欠点を迂回して低電力モード中も利用できるようにする方法9to5Macで伝えられていたのでご紹介します!

Siriに話しかけて有効化

方法はとっても簡単。なんでもできるパーソナルアシスタントSiriにお願いすればオーケー。低電力モード中でも「Night Shift」機能を利用できます!

以下のように低電力モード中はボタンがグレーアウトして、機能をオンにできませんが……。

ここでSiriを起動して「Night Shiftを有効」と頼むと、「Night Shiftに入ります。」と応答し、機能を有効化してもらうことができました。

低電力モード中に「Night Shift」をオフにしたい場合も、Siriに頼む必要があります。「Night Shiftを無効」と話しかけましょう。

iPhoneの画面を常に目に優しい状態にしておきたいという方は、この方法を利用することで低電力モードと共存させることができます。

困っていた方はぜひ利用してみてください!!

参考:9to5Mac

関連記事