【iOS 9.3】Night Shift「日の入り/日の出」の設定ができない原因と対処法

更新日:

by yumi

iOS 9.3から登場した、ブルーライトを軽減してくれる目に優しい新機能「Night Shift」。

ブルーライトは人間を睡眠に導くためのホルモンである「メラトニン」の分泌への影響があることから、「日の入り・日の出」をiPhoneが感知し、自動的にオン・オフしてくれる機能が搭載されています。

しかし中にはなぜかこの自動設定が使えない人もいるようで…一体なにが原因なのか、その対処法とともに詳しく紹介します!

日の入り・日の出を自動感知してもらうには…

まずは「Night Shift」の設定方法から。iPhoneの『設定』アプリ→「画面表示と明るさ」→「Night Shift」へ進むと、

  • 時間設定(「日の入りから日の出まで」もしくは「カスタムスケジュール」)
  • 手動で明日まで有効にする

から選ぶことができます。

しかし、iPhoneの”とある設定”がされていないと、このように「日の入りから日の出まで」がなく、カスタムスケジュールしか選べない状態に。

Twitter上でも、

といった声が。しかし「Night Shift」は、「A7」プロセッサ以降を搭載している機種(iPhoneの場合は、iPhone 5s以降)で利用可能となっています。

ではなぜ表示されないのかというと、位置情報サービスにその原因が。iPhoneの『設定』アプリ→「プライバシー」→「位置情報サービス」へ進み、

一番下の「システムサービス」へ。すると「時間帯の設定」があるので、これをオンにしましょう!

ここがオフになっていると、先ほどのように「日の入りから日の出まで」という設定項目が表示されません。

もちろん「位置情報サービス」自体がオフになっていても表示されないのでご注意を。

「私の端末ではできないのかな…?」と思っていた方、ぜひこちらを参考に設定してみてくださいねッ!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事