他社スマホも買取り!Appleが最大36,000円の割引になる「下取りサービス」を開始

投稿日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

米国では以前から行われていた、Appleによる「iPhoneの下取りサービス」がついに国内でも開始されましたよ。

本日、最新機種である4インチサイズの「iPhone SE」が発表されましたが、それに合わせるようにAppleがiPhoneなどの端末を下取りするサービスを開始しています。

下取り対象はiPhoneだけでなくiPadのほか、他社端末も対象となるのでAndroidからの乗換えも狙っているようですよ!

その場で最大36,000円分の割引き、もしくはApple Storeギフトカードで下取り

アメリカではすでに開始されている「iPhoneの下取りサービス」ですが、ついに国内でもサービスが開始されました。

利用方法は簡単で、Apple Storeで新たにiPhoneを買う場合には、その場で買取り価格分を割引。もしくはWebページからの申し込みをすると、買取額分のApple Storeギフトカードが送られてくるという形となっています。

気になる下取り価格ですが、目安として公式ページでは以下のように案内されています。

  • iPhone 4/4s: 最大3,500円
  • iPhone 5/5c/5s: 最大14,600円
  • iPhone 6: 最大31,000円
  • iPhone 6 Plus: 最大36,000円

といっても、これが下取り価格として高いのか安いのかよく分からないので、試しにauの下取り価格と比較してみると.

  • iPhone 4/4s: 最大14,040円
  • iPhone 5: 最大24,040円
  • iPhone 5c: 最大19,040円
  • iPhone 5s: 最大29,040円
  • iPhone 6: 最大32,400円円
  • iPhone 6 Plus: 最大35,640円円

※各モデル最大容量モデルの下取り額。(3,240円分のポイント付与も金額合算)

iPhone 6/6 Plusの下取り価格に差はありませんが、iPhone 5sより古い機種になるとキャリアのほうが買取価格が高いという結果に。

ただこれはキャリアで機種変更した場合が前提なので、これを機会にApple StoreでSIMフリー機を購入しよと考えている方はわざわざ中古ショップに売りに行かなくても済むのでうれしいサービスですよね。

しかも他社の端末も対象となっており、1,000円〜24,200円で下取りしてくれるとのこと。こりゃAndroidユーザー取り込みにも余念がありません。

さて、大枠はこのようなサービスなのですが、実際にネットから下取りを申し込むとどのように使えるか実際に試してみましたよ。

IMEやシリアルコードを入力して、簡単な質問に答えるだけで下取り価格が分かる

ネットから下取りに出す場合には、こちらの公式ページにアクセスします。

まず最初に「製造番号(IMEI) 、モデル(例:MGAF2J/A)、またはシリアル番号を入力」のいずれかを入力。設定 ⇛ 一般 ⇛ 情報と開くと確認できるので、これを見ながら入力して検索をタップ。

次の画面では色や容量を選び、

端末の状態に関する質問に答えていきます。基本的なボタン動作やディスプレイや外装の傷に関する質問になるので、正直に答えていきましょうw

そして「次へ」を押したら、見積額が表示されます。さすがに全ての項目に異常は「ない」にしたので、最大額の31,000円となっています。

ちなみに「ディスプレイは良好な状態ですか?」や「デバイス外観は良好な状態ですか?」を「いいえ」にしたら見積額はガッツリ下がって9,500円に。

そして見積額を確認した後は、メールアドレスの認証処理を行った後に個人情報入力となります。

今回はこれ以上進むと本登録になるのでここまででしたが、グレーで薄く表示されている内容を見ると申し込みから「3-5営業日以内」に「デバイス配送用キット」が届くようですよ。

中古買取ショップの中には同じように家に居ながらにして端末発送まで出来てしまうサービスはありますが、Apple公式サービスというのは安心です。

それにしてもこのタイミングで下取りサービスを始めた点、他社端末も下取り対象にしている点など、iPhoneの販売に苦戦もみられるAppleが力を入れて攻めてきているの間違いありません。

これに対して、実質0円が封じされて苦しい大手キャリアはどのような施策を打ってくるのか楽しみですね。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事