【小ネタ】目的のメールを素早く探せる「自動振り分けフォルダ」を活用しよう

更新日:

by kimi

毎日『メール』アプリにどんどん溜まっていくメール。友だちだったりビジネスだったり、メルマガだったりと様々なものがあり、必要なメールを探すのに時間がかかってしまうことがありますよね。

そんな時は「未開封のみ」「添付ファイルを含むメールのみ」など種類ごとに自動で振り分けてくれるメールフォルダを作れば目的のメールを発見しやすくなるかもしれませんよ。

簡単にできるので早速やり方を紹介します!

メールの自動振り分けフォルダを作成

まずは「添付ファイルを含むメールのみ」を自動でまとめてくれるフォルダを作ってみましょう。

『メール』アプリを起動してメールボックスの一覧を表示させ、右上の「編集」→「添付ファイル」をタップします。

あとは「完了」をタップすれば添付ファイルを含むメールのみが集まるフォルダが完成。簡単ですね!

実際に開いてみると、送信者の前にクリップのアイコンが付いており、添付ファイルを含むメールであることがわかります。

同じ要領で、「未開封のメールのみを集めたフォルダ」や「ToまたはCC宛に送信されたメールのみを集めたフォルダ」などが作成可能です。

「CC宛のみ」の方が利便性が高そうですが…将来的にはもっと自由に振り分けルールが作成できるように改良して欲しいところですね!

ちなみに「≡」アイコンをドラッグすることでフォルダの並び替えも行えますよ。例えば「未開封」フォルダを一番上に置くとより見やすくなるかもしれません。

添付ファイルを素早く探せたり、未開封だけをチェックできたりとなにかと便利なフォルダ分け。とても簡単なので是非活用してみてくださいね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事