【注意喚起】人命に関わる可能性も…!あけおめメールは30分ガマンしよう

更新日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

2015年も残りわずか…。年が明け、まず最初にやることといえば「あけおめメール」…と言いたいところですが、通信事業者協会から、0時から30分間は電話やメールを控えるよう注意喚起が出されました。

あけおめ電話やメールを送りたい方は、0時半過ぎからにしましょう!

あけおめメールは30分間自粛!

ドコモ、au、ソフトバンクなど通信事業者の業界団体「一般社団法人 電気通信事業者協会(TCA)」は、ケータイやスマホでの「おめでとうコール」「おめでとうメール」について、大晦日から元日にかけての0時から約30分間はなるべく控えるよう注意喚起を発表しました。

通信が集中することにより「人命に関わるような重要な電話が繋がらなくなる」という危険性から、毎年このような自粛が呼びかけられています。

30分もかぁ…と思われる方もいるかもしれませんが、最近はキャリアの通信設備が強化されていることや『LINE』などのSNSが普及していることもあり、今から6年前の2009年と比べると自粛時間が1時間30分短縮されています。

2009年というとiPhone 3Gsが発売された年。TCAからのお願いも、「ケータイをご利用の皆さまへ」となっており、まだ「スマホ」という言葉も一般的はなかったころですねぇ(しみじみ…

少し話がそれましたが、0時から30分間は不要な電話やメールは控え、「どうしても0時に送りたい><」という方は、Wi-Fi環境下で『LINE』や『Twitter』などのSNSを活用するといいかもしれません!

キチンとマナーを守って、スッキリとした気分で2016年を迎えたいですね☆(ゝω・)v

iPhone,iPadをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone,iPadをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事