バッテリー持ちか音質か?ANKERのBluetoothスピーカー2種類を比較レビュー

投稿日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

先日お風呂で使える防水スピーカーをご紹介したのですが、本日はLightningケーブルやモバイルバッテリーで有名なANKERのBluetoothスピーカーのレビューをお送りしたいと思います。

レビューするのは、先日発売されたばかりの「SoundCore ポータブル」と「プレミアムステレオスピーカー」の2種類。

バッテリー持ちや音質にそれぞれ特徴があるので、実際どう違うのか比較してみましたよ!

24時間電源なしで使える「SoundCore ポータブル」

こちらが先日発売されたばかりのANKER「SoundCore ポータブル」。

こちらの製品何よりも一番の売りは、バッテリー内臓で約24時間の連続再生が可能なこと!

家で使うのはもちろんのこと、外に持ちだした際も電源を気にせず丸1日使えるというのは魅力ですよ。大きさも手のひらサイズなので、持ち運びにもかさばりません。

外装はつや消しで質感も充分。ボタンも一体化しているので見た目がすっきりしているのもうれしいところ。

サイドにはオーディオ入力や充電用ポートのほか、マイクが付いておりスピーカーだけでなくそのまま通話も出来るようになっています。

さて気になるのは音ですが、以前イヤホン聴き比べにも使ったクラシック・ロック・J-Popの3ジャンルを聞いてみると…

素人なりですが音の広がりもあり高音はクリアに聞こえるものの、低音は弱めという印象。低音ズンズン響かせたい人には、少し物足りないかもしれません。

そこでお手軽にお音質を変えられる定番アプリ『Ubio』を使ってみると…低音がだいぶ底上げされていい感じに。物足りないと思ったら音質を調整するだけで、だいぶ印象が変わりますよ。

そうなると気になるのはお値段ですが、3,999円となっております。

これくらいのサイズのスピーカーだとだいたい5,000円前後が多いので、24時間連続再生できるスピーカーがこの値段なら充分ありですね。

とは言っても、もうちょっと音にはこだわりたい…そんな方には今年9月に発売された「プレミアムステレオスピーカー」を続いてご紹介しますよ。

バッテリー持ちよりも音質重視なら「プレミアムステレオスピーカー」

こちらが「プレミアムステレオスピーカー」。

先程の「SoundCore ポータブル」と並べてみると一回り大きく、持ち運び用というよりは据え置きで使うほうがぴったり来るサイズとなっています。

外装もプレミアムとついているだけあって、上面は黒塗り光沢仕上げ。

サイドにはオーディオ入力と充電用micro USBポートのみ。マイクは付いていないのでこちらは通話は出来ません。

さて気になるのは音質ですが先程と同じ曲で聴き比べてみると…全然違う!!

全体的な音の厚みが違い、低音もしっかり響いてきます。素人でもこれだけ差が分かるんですから、プレミアムの名前は伊達ではありませんよ。

唯一おしいのがバッテリー持ちで、こちら連続再生は8時間(音量50%時)となっています。スピーカーの大きさや音質を考えれば致し方無いといったところでしょうか。

そして気になるのがお値段ですが、 現在セール価格で5,999円!なんと実売2,000円の違いで買えちゃいますよ。

ということで、今回はANKERの2種類のBluetoothスピーカーをレビューいたしました。

持ち運びに便利な上に24時間使えたほうがいいか、音質を重視してバッテリー時間を犠牲にするのかどちらも一長一短ありますので、ぜひこのレビューを参考に自分にあったBluetoothスピーカーを選んでくださいね!

SoundCore ポータブル
スピーカー
3,999円
プレミアムステレオスピーカー
スピーカー
5,999円
iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事