【検証】超高画質な4K動画、16GBだと何時間ぐらい撮影できるの?

更新日:

by 菊太郎

ごきげんよう、菊太郎です。

iPhone 6sから4K動画に対応し、ものすごく綺麗な動画が撮影出来るようになりましたよね!

でもその一方で不安になるのは、「4Kで撮影するとどれくらい容量を食うのか」ということ…。特に容量の少ない16GBのiPhoneだと、途中で切れちゃうのが心配で気軽に撮影出来ないですよね><

そこで今回は、iPhoneで4K動画を撮影したとき、何時間くらい撮影出来るのかを調べてみましたよ〜!

どれくらいの長さの動画が撮れるのか?

iPhone 6sではカメラの性能が大幅にアップして、iPhoneでも再生できないほど高画質な4K動画が撮影出来るようになりました。

でも4Kというだけあって、どうしても心配になってしまう使用容量。容量オーバーになって肝心な場面で切れてしまったら、もう悲劇としか言いようがないですよね(ノД`)

そんな事態を未然に防ぐためにも、今回はiPhoneで4K動画を撮影すると、何時間くらい撮れるのかを調べてみましたよ!

今回実験に使うのはiPhone 6s(128GB)ですが、16GBのiPhoneでユーザーが使える容量と大体同じ13.8GBに使用可能容量を減らしています。

果たして高画質な4Kでは、何時間くらい動画が撮れるのでしょうか…?

4K画質で撮影

それでは早速4K動画を撮ってみましょう!

『設定』アプリから、4K画質の「4K/30 fps」を選択し撮影してみます。

机の上に固定したまま、容量がパンパンになって撮影出来なくなるまでひたすら放置…

と、思ったら意外と早く「ピコーン」という合図が。どうやら容量がいっぱいになったので、撮影が終わったようです。撮った時間を調べてみると…

\39分10秒/

短けぇー((((;゜Д゜)))))))1時間も撮れない!

13.8GBを39分10秒で使い果たしてしまったので、なんと1分あたり約353MBという計算に…。

比較の為にデフォルト画質の「1080p HD/30 fps」で同じ39分10秒撮影してみると…使用可能容量は9.2GBだったので使った容量は約4.6GB。

1分あたり約118MBになるので、4K画質はデフォルト画質の約3倍容量を消費している計算となりました…

結果のまとめ

というわけで16GBのiPhoneで4K動画を撮影出来る時間は以下の通り↓

うーむ…さすが高画質だけあって、消費容量もスゴいことになってますね。16GBのiPhoneだと、4Kでの撮影はなるべく控えた方がいいのかも知れません(>_<)

今回の結果から、

  • 4K動画はデフォルト画質の約3倍容量を消費する
  • 4K動画は10分で3.5GBくらい容量を消費する

と覚えておくと、今後撮影するときに役立ちそうです。

ご自分のiPhoneの容量と相談して、途中で切れないように撮影してみてくださいねッ!

Amazonミュージックハイレゾ聴き放題3ヶ月無料

 まもなく終了、今だけキャンペーン

菊太郎はこう思う!
まさか1時間いかないとは思わなかったぜヽ(ヽ ̄□ ̄)))))

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事