ティム・クック「Surface Book」をディスる!Apple vs Microsoftの批判合戦はまだまだ続く模様

投稿日:

by 菊太郎

ごきげんよう、菊太郎です。

Appleのティム・クックが、アイルランドで行われた講演でSurfaceについて語ったそうなんですが、その内容が話題となっています。

iPad Pro発売に向けて競合と言われているSurface Bookを批判したようなんですが、実は以前からお互いに批判合戦が続いていたようです。

そこで今回は、今まで繰り広げられているApple vs Microsoft批判合戦の歴史を調べてみました!

Apple VS Microsoft その批判の歴史

Appleのティム・クックCEOはアイルランドのダブリン大学で講演を行い、「Surface Bookはごちゃごちゃしている。タブレットにもノートパソコンにもなりきれない中途半端な端末だ」という発言しました。

iPad Pro登場以前のiPadはキーボードもスタイラスペンもなかったため、Surfaceとは棲み分けの違う別ジャンルの製品と目されていましたが、iPad Proが登場した今Surfaceは最大のライバル。

Appleも傍観出来ずついにMicrosoftに攻撃をはじめるに至った…のかと思いきや、実は以前から壮絶なディスり合いがあったようです!

さかのぼること2012年。Microsoftから初代Surfaceが登場しましたが、

クックは、「妥協を重ねた中途半端な製品だね。トースターと冷蔵庫を合体させても嬉しくないのと同じで、ノートパソコンとタブレットを合体させても誰も嬉しくないさ」

痛烈に批判

同年にはiPad第3世代(新しいiPad)と初代iPad miniが登場しましたが、「ユーザーはSurfaceなんて欲しがらず、引き続きiPadを欲しがるはずさ」という発言を残しました。

この発言から1年後、それに反撃する形でMicrosoftは「iPadはSurfaceに比べて出来る事が少なすぎる。おもちゃのピアノを弾くくらいしかできないじゃないか」というCMを放送してiPadを批判。

さらに今年、クック発言の当てつけに「トースターと冷蔵庫が合体した謎のイラスト」をtweetするなど、両者一歩も譲らない状態が続いていました。

アメリカでは他社製品の批判をすることはよくあるそうですが、Apple VS Microsoftも結構壮絶だったんですね…。

とは言え、Microsoft OfficeをiOSに提供するなど両社の関係は比較的良好。Surfaceの批判はしたものの、クックも「Microsoftとは良い関係だよ」と認めたそうです。

なにはともあれ、ユーザーとしてはメーカー同士が切磋琢磨して、よりよい製品を提供していって欲しいもの。

お互い、今後もちょうど良い距離感を保ちつつ、ユーザー思いの製品を開発していって欲しいですね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

菊太郎はこう思う!
アメリカでは一般的な批判広告ですが、日本だと不評でかえって評判が悪くなってしまうとか…(; ̄д ̄)
参考:Independent

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事