【機密情報】Googleがタイムマシンの設計図を流出…!大問題に発展か?

投稿日:

by kimi

こんにちはkimiです。

あー、これはやってしまいましたなぁ、Googleさん…。

昨日2015年10月21日は映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー2」で主人公マーティがタイムスリップした先の日でしたが…まさにその日、なんとあのGoogleが「タイムマシンの設計図」をでうっかり流出!

極めて機密性の高そうな情報ですが、いまのところ誰でもダウンロードできてしまうようです。これは大問題になりそうな予感ですよ…!

まだファイルはダウンロードできるぞ

検索を始め地図やメール、AndroidやGoogle Glassまで幅広いサービスを提供しているGoogleが、なんと昨日Twitter上で「タイムマシンの設計図」らしきファイルを流出させてしまいました…!

Photo credit: tomoyukinoshita / Foter / CC BY

問題のツイートがこちら。「特別便:15の新しいGmailのテーマで、あなたの受信箱をもっと素晴らしい物に→リンクURL」と書かれています。

Gmail上で使えるテーマとやらがリンクされているかと思いきや、実はこのリンク先こそが流出した「タイムマシンの設計図」!

ちなみに原稿執筆時点ではまだダウンロード可能ですよ(こちらから直接ダウンロードできます)。

Photo credit: notoriousxl / Foter / CC BY-SA

まず1ページ目には「Confidential(機密)」とでかでかと載っています。

「Google以外でシェアをしないように」とも書かれていて、その書類の重要性を伺わせますね。

そして「Project Flux」という謎のプロジェクトについての説明が。

「プロジェクトFluxのゴールは誰もに”いつでもどこでも探索する能力を与える”ということです。」

“どこでも”だけじゃなくて”いつでも”!

そしてそれを支えるテクノロジーについて「時空圧縮」「タイムサーキット」「電力」の説明があります。

即時にユーザーを彼らの選んだ場所と時間に移動させる技術なんですって。これはどう考えてもタイムマシン…!

使用電力は「1.21 x 10の9乗ワット」つまり、『バック・トゥー・ザ・フューチャー2』。で出てくる1.21ジゴワットと同じ。

そしてこれがGoogleの時空圧縮をするためのデバイスの図。まるでUFOのような見た目をしていますね。

初期のテストで実際に訪れた場所と時間について並んでいます。

カリフォルニアの「ヒルバレー」や「サウス・パサデナ」など映画で見たことあるような…?

先に述べた時空圧縮デバイスを搭載したタイムトラベルのためのカプセルがこちら。タイムマシンは自動車型だったんですね。

そして、プロトタイプのイメージがこちら。

このシルエットはもしかして…?

他にも、注意事項として「時空旅行者は目を覆う保護メガネを着用すべき」「糖分が気になるならペプシフリーを持参すべきだ」と書かれており、これはもしや…?

どうやらこれ、Googleが仕込んだジョークサイトみたいです

「バック・トゥー・ザ・フューチャー2」の日に偶然流出したのではなく、逆に「バック・トゥー・ザ・フューチャー2」の日だからこそ仕組んで公開した、が正しいみたいですねw

うーむ「Googleがついにやったか!」と思ったのですが、さすがに天下のGoogleでもタイムトラベルはまだ難しいようです…今のところは

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

参考:Twitter via GIGAZINE

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事