【朗報】iPhone 6s、iPhone 6より曲がりにくいことが実験で判明!

更新日:

by kimi

Photo credit: Janitors / Foter / CC BY

こんにちはkimiです。

昨年、手で簡単に折れ曲がってしまうという不名誉な話題を呼んだiPhone 6。それが原因で発火するという事故も起きていました。

しかし速報記事でもお伝えしたようにiPhone 6sは背面パネルの素材が変更。

実際に手で曲がるか実験してみた動画が公開されましたが、幸いなことにかなり曲がりにくいようです…!

7000シリーズアルミニウムは伊達じゃない

昨年iPhone 6が登場してしばらくしてから、「iPhone 6が手で曲がる」ということが話題になりました。

ズボンのポケットに入れていたら意図せず曲がってしまっていたという報道もありましたよね。

Photo credit: gp_e-ole / Foter / CC BY-SA

そんな経緯もあり「iPhone 6sは大丈夫?見た目がiPhone 6と一緒だけど…」と不安になってしまいますが、実は背面パネルの素材が変更され航空宇宙産業で使われているものと同じグレードである「7000シリーズアルミニウム」が採用されているとのこと。

この素材についてWikipediaで調べてみると、「高強度材であり航空機や鉄道車両用構造材に使われている」との記述が確認できますよ。

果たしてどれほどまでに頑丈なのか?本当に曲がらないのか?実際にiPhone 6sを手で曲げてみる実験動画が公開されました。まずは御覧ください⇓

今回はどんなに力を加えても全然曲がっていません。すごい!

と、ここで動画は終わりませんよ。今度はよく鍛えている人を助っ人に二人がかりでトライ。

大の大人が必死な顔をしてiPhoneを曲げようとすると…

 微妙〜に曲がったような気もしますが、逆に言うとここまでしてようやくこの程度。

前回のiPhone 6は一人でここまで曲がったので、かなり大きな進化と言えそうです。

完全に曲がらないわけではないので、ズボンのポケットに入れる時は気をつけた良さそうですが、iPhone 6sはiPhone 6よりも安心できそうですね!

参考:YouTube,2,Wikipedia
kimi
Photo credit: Janitors / Foter / CC BY

関連記事