サムスンついに一割の従業員を削減へ!その理由とは一体…?

更新日:

by kimi

Photo credit: / Foter / CC BY

こんにちはkimiです。

なにかとAppleのライバルとして取り上げられるサムスンですが、Cult of Androidによるとこのたびサムスンは一万人の従業員を削減することになったとのこと。

最新のアメリカの市場シェアでは実はサムスンの方がシェアが数%上回っているはずなのですが…。

同メディアは「製品の根本的な問題を解決せずに1割にもあたる従業員をクビにするのか」と批判していますよ。

今年6月の四半期では出荷台数を3%減少

Appleのライバル企業、サムスン。しかし過去にはiPhoneの側面デザインに似ているデザインを採用したり、Earpodsによく似ているイヤホンを付属させていたりなどの行為も…。

そういった自社製品のオリジナリティの欠如や、GALAXY Note 5に付属するスタイラスペンを逆に収納すると不具合が生じる場合があるなどの低品質さは、「サムスンの根本的な問題である」とCult of Androidが伝えています。

Photo credit: vernieman / Foter / CC BY

そして今回サムスンは、そういった製品に潜む根本的な問題を解決するのではなく、全従業員の1割にあたる1万人の従業員の削減といった決断に踏み切りました。主にPR部門や人材部門を2016年中に削減するそうですよ。

Photo credit: Janitors / Foter / CC BY

実は最新のアメリカの市場シェアではAppleよりもサムスンの方がシェアが数%上回っているのですが、出荷台数に関しては3%以上減少しているとのこと。

さらにその出荷減少を早急に改善する要素はほとんどないため、従業員の削減に踏み切ったようです。

Photo credit: Janitors / Foter / CC BY

一方で、AppleはiPhone 6s/6s Plusの発売を目前に控え、今までのiPhoneの歴史上最も多く端末の発注をかけているとのこと。

競争の激しいスマホ業界ですが、この先Apple vs サムスンの構図は崩れてしまうのでしょうか…?

参考:Cult of Android
kimi
Photo credit: / Foter / CC BY

関連記事