「Googleストリートビュー」に写りこんだ自宅などを見えなくする方法

更新日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

先日、日本各地の露天風呂を追加とご紹介したGoogleマップのストリートビューですが、もし自分の家や車などがはっきりと分かるように写りこんでいたら困りますよね。

そんな時のために覚えておきたいのがストリートビューに写りこんでしまったものを見えないようにする方法です。

人事だと思ってたら実は…なんてこともありえるので、対処法はちゃんと覚えておきましょう!

不都合な部分は問題の報告から

Googleマップで見られるストリートビューでは街全体の景色を撮影されることもあり、個人のプライバシーという点ではかなり慎重な対応をしています。

実際住宅街のストリートビューを見てみると、自宅の表札や車のナンバープレート、歩いている人の顔などは”ぼかし“が入って分からないようになっています。

しかしながら、万が一ぼかしに漏れがあったり、そもそも自宅の写真が「世界中どこでも見られてしまうのは好ましくない」という方もいらっしゃると思います。

そういう場合には『Googleマップ』アプリで見せたくない箇所の写り込んでいるストリートビューを表示して、右上の ・・・ から問題の報告を選びます。

すると「不適切なストリートビューを報告」というページに移動するので、まずはストリートビューでぼかしておきたい場所を赤い四角で調整。

次に ぼかしを入れる対象を 顔・自宅・表札・自分の車またはナンバープレート・別のオブジェクト の中から選びます。

あとはメールアドレスと、認証用に表示される文字列を入力すれば完了です。

報告後は、Googleのプライバシーとセキュリティのページの説明によると「ご報告いただいた内容は迅速に確認いたします。」とあるので、登録したメールアドレスに何らかの連絡が来ると思われます。

ストリートビューは便利な反面、こういうプライバシーの問題も秘めています。一度は自宅や住んでる所の周辺をチェックして、ぼかし漏れなどがないか確認してみてはいかがでしょうか?

参考:Google マップ

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事