【小技】今よりもっと良い音質で音楽が聞ける!iPhoneでできる”イコライザー設定”とは

更新日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

普段iPhoneで音楽を聞いていて、低音が弱いな〜とか高音がもうちょっと強かったらな〜なんて思うことありませんか?

そうなるとイヤホンの買い換えをまず考えてしまうんですが、その前に試して欲しいのが音質を簡単に調整できるiPhoneのイコライザー設定なんです。

このイコライザー設定を変えるだけでガラッと音が変わるのでおすすめですよ。

23種類のプリセットから好みの音質を選べる

そもそもイコライザーって何?っていう方もいらっしゃいますよね。

イコライザーというのは音の周波数を調整し、「低音を強くして高音を抑える」など音のバランスを調整できる機能なんです。

iTunesではこんな感じでスライダーを調整できる画面も用意されていて、それぞれの周波数を調整できるようになっています。

iPhoneではこの個別に調整する機能はなく、設定のミュージックからイコライザと進むと、

ずらーっといろんなバランスに調整されたプリセットが全部で23種類用意されているんです。

ただ、細かい説明もなく音楽の種類などで名前が付いていて、一体どれがいいのかさっぱり分かりませんよね。

ということで、わたくし音楽のド素人ではありますが、ひと通り聴き比べた結果からおすすめをご紹介したいと思います。

おすすめプリセット3つ

聞くイヤホンで効果が分かりにくくならないよう聴き比べにはEarPodsを使ってチェックしました。

23種類のプリセットをひたすら変えながら、チェックした私がおすすめすのは以下の3つ!

低音効かせたいなら「Bass Booster

名前そのままで分かりやすいのが「Bass Booster」。とりあえず低音ズンズンさせたかったらコレです。

ただし、その代わりに全体的に音がこもり気味になります。

高音と低音のバランスが良い「Dance

Bass Booster」の高音のこもり気味な感じがいやなら「Dance」がおすすめ。

全体的なこもり気味な感じが取れてほどよいバランスで低音が強くなります。

ポップやロックを聞くなら「Rock

ポップを聞くなら「Pop」があって確かにボーカルが前に出て良いのですが、ちょっと低音が弱いんですよね。その辺りのバランスが上手く取れているのが「Rock」なんです。

ボーカル、ギターの音も出つつ、ベース・バスドラがしっかりと強くなります。

 

いや〜プリセット一つで結構違うんですね〜。今まで存在は知っていてもまったく使っていなかったのでびっくりでした。

どのプリセットが良いかは使っているイヤホンやヘッドホンでも変わりますし、好みもあると思いますので、いろんなプリセットを試してお好みの音質を見つけてくださいね。


関連記事