MacとiPhoneで連携できる新機能まとめ!『AirDrop』や『Handoff』など抜群に使える機能が盛り沢山だぞ

更新日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

本日リリースされたMac 新OSのYosemite。もうアップデートは済まされましたか?

Macの『Safari』で開いているウェブサイトをiPhoneで引き継いで閲覧できるなど、iPhoneとMacはデバイス同士の連携が抜群に便利と先日ご紹介しましたが、Yosemiteにアップデートすることによって連携できる機能がさらに増えましたよ!

作業を引き継げる「Handoff」

『Handoff』はiPhoneで書いていたメールの続きをMacで書いたり、Macで作っていたドキュメントをiPhoneで引き継いで作成したり…なんてことができる機能。

例えばiPhoneでメールを書いていると、Macの『メール』アプリに通知が表示され…

開いてみると、このようにiPhoneで書きかけだったところから再開して作成することができるんです!

その逆ももちろん可能。Macでメールを書いていると、iPhoneのロック画面左下に『メール』が表示され、アイコンを引き上げればMacで途中だったメールの続きが書けます!

『メール』以外にも『Numbers』、『Keynote』、『Pages』なんかでも「Handoff」機能を使うことができるので、用途が幅広そうですね!

ファイルのやり取りは「AirDrop」

Macユーザー待望の「AirDrop」がついにできるようになりました!iPhone⇔Mac間で簡単にデータを共有できるというこの機能。

例えばiPhoneからMacへ写真を送りたい時は、iPhoneの『写真』から送りたい写真を選び左下のメニューボタンをタップ。するとAirDrop共有にMacが表示されます。

アイコンをタップすれば…Macに写真が届きました!

もちろんMacからiPhoneに共有することも可能。今まで「Dropbox」や「iCloud」を使っていた方も多いと思いますが、これからは「AirDrop」の方が断然ラクチンですよ!

iPhoneを通じてMacで発着信「Make and Receive Calls」

こちらは、MacでiPhoneの電話機能を使えるというもの。iPhoneとMacが同じWi-Fiに接続されていると使うことができますよ。

iPhoneにかかって来た電話を受けたり…

Macから電話を掛けることももちろん可能!

ということで、MacとiPhoneで連携できる便利な機能をご紹介しました。すでにMacユーザーの方も、これからMacを買おうかと検討している方も、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Amazonミュージックハイレゾ聴き放題3ヶ月無料

 まもなく終了、今だけキャンペーン

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事