iPhone 6/6 Plusではカメラ精度もグーンとアップ!どれだけ違うのか実際に撮ってみたぞ

更新日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

デジカメのように使えるiPhoneでは、写真が綺麗に撮れれば撮れるほど嬉しいですよね。今回発売されたiPhone 6/6 Plusではそんなカメラの精度もグーンとバージョンアップしました。

ということで今回は、特にすごい機能が付いたiPhone 6 Plusと前機種の5sで、カメラ性能がどれだけ違うのか実際に撮ってみましたよ〜!

iPhone 6/6 Plusのカメラ性能は…

iPhone 6/6 Plusでは、イメージセンサーの画素数は800万画素でiPhone 5sから増えていないものの、「Focus Pixels」という技術でピントを素早く合わせたり、「手ブレ補正(iPhone 6)」&「光学式手ブレ補正(iPhone 6 Plus)」で写真がブレるのを最小にしてくれる機能などが付きました。

といこうことで、実際に撮ってみましたよ!まずは、定番の風景写真から。ちょっと天気が悪いですが…w

iPhone 5sと比べてみると…画素数はiPhone 5sもiPhone 6 Plusも800万画素と同じなので、あまり変化はありませんね。

夜景もさほど変わりはありません。

しかし室内の暗いところでフラッシュをつけながら撮った写真はだいぶ違いますよ!こちらはiPhone 6 Plus。

そしてiPhone 5sだとこのように。フラッシュに関しては100%、iPhone 6 Plusに軍配が上がりましたね!

さらに手ブレ補正を試すため、わざと手を動かしながら撮ってみました。「光学式手ブレ補正」が付いてるだけあって、iPhone 6 Plusは綺麗に撮れています!

ということで使ってみた感想としては、iPhone 6 Plusは本当にピントが合うのが早い!さらに手ブレ写真はバーストモードで連写するとさすがにブレが目立ちますが、1枚だけならまったくブレないという脅威の性能…!

iPhoneで写真を撮ることが多いという方は、iPhone 6 Plus、断然オススメです(ゝω・)v

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事