今月から「SIMロック解除」の条件が改定!キャリア別に解除条件を解説するぞ

40

2017.08.03

こんばんは、yumiです。

今月1日から大手キャリアのSIMロック解除の条件が改定されています。

「キャリアを乗り換える予定もないし、別に解除しなくても良いかな」という方もいると思いますが、SIMロックには1つもメリットがない上、解除は無料でできます。

海外旅行先で現地キャリアのSIMを借りて快適に通信することも可能になるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

SIMロック解除の条件は?

そもそも携帯電話やスマートフォンは、電話番号や識別情報が記録されている「SIMカード」というICチップを挿すことで初めて通信や通話ができるようになります。

そして「SIMロック」とは、特定のSIMカードを差し込んだ場合のみに動作するよう携帯電話・スマホを制限する機能。

例えばドコモで購入したiPhoneはSIMロックがかかっているので、ソフトバンクやauのSIMカードは利用できず、ドコモのSIMカードを差し込まないダメ…というわけですね。

以前はこのSIMロックを解除することはできなかったのですが、2015年5月1日から「SIMロック解除の義務化」が始まり、今月1日からは解除の条件が改定されました。

ということで今回は、大手キャリア3社のSIMロック解除条件をご紹介します!

▼キャリア別SIMロック解除方法はこちらの記事をどうぞ
【キャリア別】iPhoneのSIMロックを解除する方法

ソフトバンク

ソフトバンクでは今月1日から、分割払いで購入したスマホのSIMロック解除が「購入後101日目以降」に短縮されました。

また2017年12月1日からは、スマホを一括払いで購入した場合はすぐに解除可能に(分割払いの残債を一括で精算した場合は、支払いが確認されてから手続きが可能)。

対象は2015年5月以降に発売された端末なので、iPhoneの場合は現時点で

  • iPhone 6s/6s Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7/7 Plus

が対象となっています(その他の対象端末はこちらから確認可能)。

また、ちょっとややこしいのですが…旧端末でSIMロック解除を行ってから新端末を分割購入した場合、旧端末のSIMロック解除日から101日目以降であれば、新端末を購入してから100日以内でもSIMロック解除が可能。

例:

  1. iPhone 6sを2017年1月1日に購入し、101日目の4月11日にSIMロックを解除した
  2. 5月1日にiPhone 7を分割払いで購入した
  3. iPhone 7のSIMロック解除は本来購入日から101日目の8月9日から可能だが、6sの解除を4月11日にしているので、そこから101日目の7月21日から可能

また、SIMロックを解除する前にソフトバンクを解約してしまった場合は、解約後90日以内ならソフトバンクショップでSIMロック解除が可能です(Webでの手続きができないため、解除に3,000円が必要)。

au

auも今月1日から、分割払いで購入したスマホのSIMロック解除が「購入後101日目以降」に短縮されました。

また2017年12月1日からは、スマホを一括払いで購入した場合はすぐに解除可能に(分割払いの残債を一括で精算した場合は、支払いが確認されてから手続きが可能)。

対象は2015年5月以降に発売された端末なので、iPhoneの場合は現時点で

  • iPhone 6s/6s Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7/7 Plus

が対象となっています(その他の対象端末はこちらから確認可能)。

また、旧端末でSIMロック解除を行ってから新端末を分割購入した場合、旧端末のSIMロック解除日から101日目以降であれば、新端末を購入してから100日以内でもSIMロック解除が可能。

例:

  1. iPhone 6sを2017年1月1日に購入し、101日目の4月12日にSIMロックを解除した
  2. 5月1日にiPhone 7を分割払いで購入した
  3. iPhone 7のSIMロック解除は本来購入日から101日目の8月10日から可能だが、6sの解除を4月12日にしているので、そこから101日目の7月22日から可能

また、SIMロックを解除する前にauを解約してしまった場合でもauショップで解除手続料3,000円を払えば解除が可能です。

ちなみにauではこれまで「他人が契約していた端末(譲り受けたり、中古で購入した端末)」でもSIMロック解除が可能でしたが、12月1日以降は不可になりますのでご注意ください。

ドコモ

ドコモでは2017年5月24日より、分割払いで購入したスマホのSIMロック解除が「購入後101日目以降」に短縮されています。

一括払いで購入した場合はすぐに解除可能(分割払いの残債を一括で精算した場合は、支払いが確認されてから手続きが可能)。

対象は2015年5月以降に発売された端末なので、iPhoneの場合は現時点で

  • iPhone 6s/6s Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7/7 Plus

が対象となっています(その他の対象端末はこちらから確認可能)。

また、旧端末でSIMロック解除を行ってから新端末を分割購入した場合、旧端末のSIMロック解除日から101日目以降であれば、新端末を購入してから100日以内でもSIMロック解除が可能。

例:

  1. iPhone 6sを2017年1月1日に購入し、101日目の4月12日にSIMロックを解除した
  2. 5月1日にiPhone 7を分割払いで購入した
  3. iPhone 7のSIMロック解除は本来購入日から101日目の8月10日から可能だが、6sの解除を4月12日にしているので、そこから101日目の7月22日から可能

また、SIMロックを解除する前にドコモを解約してしまった場合は、解約後100日以内ならドコモショップでSIMロック解除が可能です(Webでの手続きができないため、解除に3,000円が必要)。

以上、大手キャリア3社のSIMロック解除条件の改定についてご紹介しました。

乗り換えを考えている方、海外旅行で現地のSIMを使いたい方、ぜひ参考にしてみてください!

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事