2年前に販売中止になっていた「Google Glass」が復活!

20

2017.07.20

by yumi

X

こんにちは、yumiです。

いまから5年前の2012年、Googleが発表したメガネ型ウェアラブルデバイス「Google Glass」。

開発者向けに販売され、そろそろ一般ユーザーにも…というところで、2015年販売が中止されてしまいました。

しかしそれから2年、Google Glassが進化を遂げて帰ってきましたよ!

まずは企業向けに販売

2012年と言えばiPhone 5が発売された年。日本でもスマホが浸透してきたかな…?という時に、Googleはメガネ型のウェアラブルデバイス「Google Glass」を発表しました。

Photo by Amazon

スマホと違いハンズフリーで写真の撮影、通話、スケジュールや通知の確認ができる画期的なデバイスで、2013年には開発者などを中心に1,500ドル(約168,000円)で販売されていたのですが、まだ時代が追いついていなかったのでしょうか。

一般ユーザーに販売されることなく2015年に「Google Glass」のプロジェクトは終了してしまいます。

しかし水面下では「企業向け」として50社以上の企業と協力し開発が進んでおり、今回「Glass Enterprise Edition」という名称で復活!

以前のときと同じように一般向けではないのが残念ですが、実は開発は中止されていなかったんですねぇ(´∀`*)

機能としては例えば飛行機の組立などを行う際に重要な情報をGoogle Glassを通じて目の前に表示しておくことが可能だそうで、企業によってはGoogle Glassのおかげで生産性を25%、検査時間を30%削減することに成功したそうですよ。

また、従来のものと比べバッテリー寿命や着け心地なども改良が加えられており、カメラも500万画素から800万画素に進化を遂げているとのこと。

最近ではAppleもメガネ型ウェアラブルデバイスの開発を進めているのでは…?とウワサがありますし、スマホが成熟しつつある今、世界の流れは「新たなデバイス」の開発なのかもしれませんね。

こうなるとiPhoneユーザーとしてはApple Glassのウワサが本当だと信じたいところですw

「AppleCare」に入り忘れた方はコチラ

 条件は最強なのに知られてない↑

ドコモのiPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:AFP BB News, X, Engadget

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事